優しくないから不倫されたは自分が夫より上と勘違いしている証拠

夫が上と思っている勘違い

公開日 2017年10月29日 最終更新日 2021年3月15日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にしてみれば
夫の不倫は自分の至らなさという勘違いをしてしまいがちです

『夫が不倫をしてしまったのは私のせい』
『夫にもっと優しくしておけばこんな事にはならなかったかも』
『夫は私にいつも家事をちゃんとしろと言っていたけど、私ができないのを
嫌に思っていたと思います』
『子育てで忙しくて、夫は寂しかったのだと思います』

というように、夫の要望に応えられなかった自分という意識をもっているわけです

その考えが間違っているとは言いませんが、私から言わせると自分の方が強い立場

にいるという勘違いをしているとしか思えないわけです

つまり、夫の要望に応えられなかったという事は、夫の方が

『ねえねえかまってよ、お願いだから』

という立場をむげにしていた自分という構図です

という事は、夫をかまってあげれば不倫はやめてくれるのでは、という安易な発想
しかありません

しかし、現実は夫はブス女と一緒に言う事を聞いて黙っている妻をあざ笑っている
のです

それもこれも、妻の方が

‘自分が優しくなかった‘

という勘違いから始まっているのです

カウンセリングでは

『あなたが優しくしても夫は不倫をやめるはずもないのですよ』
『夫とブス女があなたを舐めまくっている、あなたにずっと弱ってもらいたいと
思っていますよ』
『夫はあなたに適当に言い訳できればいい位の考えなのですよ』

という事を説明します

すると、相談者も自分が優しくなかった、優しくすれば何とか夫は変わってくれる

のではという、

‘上から目線の自分‘

に気が付くのです

自分が夫をコントロールできると思っていた位の自分から、事態はそんな生易しい
事ではなく、人生をかけて戦う位の自分を要する事を悟ります

そこには多くの事を過信している自分がいます

夫と自分の存在をどこかでお互いが軽く考えている事に気付くのです

『こうすればこうしてくれる』
『ああ言えばああなる』

という理屈では、このブス女との不倫は何も変わらない事をよくよく悟らなければ
いけないのです

そもそも夫も自分も考えやモノの見方は変化するのです

そこに夫婦は変わらないとか最後はわかってくれるはずという、期待だけで生きて
いては、自分一人が取り残されると考えるのです
自分ができる事は自分をキャッチアップする事です

『夫と自分の関係性がどう変わるのかは自分次第』
『夫が舐めているのは私が夫を舐めているから』

と、自分が自分をわかっていない事を認めると、夫へも自分への過信もなくなる
のです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら