不倫の対処の前に嫌われないか心配する自分は夫の信者でしかない

夫に嫌われないかをやめる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者に伝える事が
どうしてもなかなか理解できないというケースも人によっては出てきます
そういうケースはどういう時かと言いますと

『ブス女を叩きたいけど、それをやれば夫婦がおかしくなるのでは』
『私が動くと夫が逆ギレすると思うとなかなか踏ん切れません』
『夫婦の修復に女を叩く事が必要なのでしょうか』

というように、不倫という悪行へのアクションと夫婦の関係性を連動させてしまう
その気持ちはわかりますが、正直それを考えているうちは自分の生き方が大きく反れて
しまっているのです

そこに気が付かないまま、ただ結果を求めているわけです
その結果というのは

`夫婦を元に戻す`

という思いです

しかし、そもそもその結果を求めている事自体が大きく自分をねじ曲げているのです
なぜなら、不倫した夫を昔と同じように見れるわけではないのに昔と同じような関係性
を求めているわけです
この矛盾を無視しているのは、まさしく夫への盲目的な依存があるからです

それを持っている以上は、不倫という悪事に毅然とする自分が生まれるはずもない

『お前の事はもう絶対に好きになる事はない』
『お前の人間性がイヤだ』

という、自分が夫に向けて言うべき事を逆に言われて悩むのです
そこに必要なのは、そもそも自分がどういう生き方をするのかを立ち返る事です
それ位、自分が自分を捨てているわけです

夫の言う事がいつでも何でも最優先であるわけがないのです
むしろ夫がおかしな事をしている時に、喝を入れたりいさめるのが自分です
それを心に持って妻になっているのかを、もう一度振り返らなければいけないのです

その中で夫との関係性を求める前に、

`自分自身との関係性`

を考えるのです

自分が自分でイヤになっていないかという関係性です
そこには、知らず知らずのうちに着いている自分の思考のクセの矯正が必要です
自分でも気が付かない夫への過度な依存というか、過信が自分を苦しめているのです

『そもそも自分はどういう生き方をしているのか』

という思いを持つ事が大事なのです

それが自分の人生の中で大きな意識改革を進める原動力になる
夫の不倫を対処しない前に夫婦の関係性を考えている自分は、自分ではなく夫の熱烈
信者でしかないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら