不倫している夫を正せなければ妻でも何でもないという気概を持つ

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が不倫に対して
動く事は、何をしても恐怖というか不安が先に立ちます
そこには多くの方がマイナス面だけを考えているところがあるからです

例えば

『私が動いて夫が逆ギレしたらどうしよう』
『私が夫に不倫を詰めても多分シラを切って、怒るに決まっている』
『私がやめてと言っても絶対に無視する』

というように、夫の態度を想像しているのです

その夫はと言えば

『お前にいちいち言われる筋合いはない』
『俺にはお前への気持ちはない』
『早く俺を楽にしてくれ』

というように、とにかく妻が変に接触してこないように距離を取ります
それはまさに

‘威嚇‘

でしかないのです
そもそも、不倫している夫をなぜ怖がるのかと言えば夫が

‘人生の保険‘

だからです
その保険の夫がいなくなると困るのです
それがおっかなびっくりになっている原因です

『この人がいなくなっては困る』
『私は一人では生きていけない』
『私は夫がいて初めて成り立つ』

というように、夫がいなくては命の危機を感じるような心境です

もちろん夫婦ですから、そういう心理が出るのは当然です
逆に出ない方がおかしい位の話です
しかし、不倫を正すと夫がいなくなるという心配をする事に大きな勘違いがある
わけです

そもそも、夫は保険でもなんでもないのです
自分がおんぶにだっこしてもらう事で、勝手に保険にしているだけです
そこに大きな勘違いを解くポイントがあるのです

そもそも夫は自分にとって、

‘人生を一緒に過ごす相手‘

でしかない
夫婦という関係は、人生一人では寂しいからという理由で十分成り立つのです
その夫を自分が勝手に、過剰に絶対必要条件にしているのです

『人生一人では心細いから夫婦をやっているけど、夫がいなくなったらその時は
その時で何とかなるでしょう』

位の自分自身の強さがいるのです
夫との関係を頭の中だけ強固にすればするほど、自分の足で動けなくなるのです
結婚する前は

『私も頑張って、一緒に成長したい』

という感覚があったはずです
それが

『私を守って、一緒についていくだけ』

という、歩みを止めている自分に変わってしまっているのです
そこに夫の悪事でさえも、目をつぶって怖がっている根源があるのです

『夫婦であるのなら、不倫をしている夫を一番毅然と正さなければ私は妻でも
何でもない』

という気概を持つのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら