不倫は真摯に謝れない夫と毅然と正せない妻の夫婦の実力を知る転機

(本日上記動画更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、旦那の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が考えるべき
事の中で何が大事なのかを、常にお話しするわけです
そのお話しというのは、相談者がなかなか最初は理解できないというか時間の経過が
必要な事でもあります

とかく相談者は

『夫に反省してもらいたいです』
『何をやっているのかをわからせたいです』
『ちゃんと謝ってもらって、そこから出直してもらいたいです』

というように、夫に対して

『俺がバカな事をした、本当に申し訳ない』
『悪かった、俺がバカだった』
『俺は何をしていたんだろう、情けない』

というように、自分のアホさをわかった言葉を出させたいという心境です
それはもちろん当然です
悪い事をしているのです

しかし、現実そういう言葉を出す夫がどれ位いるのかと言えばかなり確率は低い
わけです
もしそういう言葉を出したとしても、舌の根も乾かないうちに

『水面下で続いていました』
『別れると言って、また一週間後に連絡を取っていました』

という結果が待っている事が非常に多いのです
なぜそうなるのかと言えば、夫は

‘妻には謝りたくない‘

のです

謝ったとしても、どこかで一方的に責められる事を屈辱的に考えている
なぜなら、良くも悪くも

`物事を曖昧にできる夫婦‘

だからです
長い間夫婦をやっていれば、どちらかが何か失敗してもカバーする事は当然起こる
仕事で失敗したり、子供の事でケンカになる事もあります
お互いの親兄弟の関係や、近所づきあいとかでも何かしらトラブルが発生すると

`持ちつ持たれつ‘

が出てきます
その貸し借りのような発想を、この不倫という負い目にも持ち出してくるのです

『俺がどれだけ仕事で苦労しているのかわからないだろう』
『お前は普段全然優しくなかっただろう』
『俺の苦しみをお前は何とも思っていないだろう』

というように、不倫があたかも妻の日頃の態度のような口ぶりです
本来はそんなバカな事はないのですが、毎日夫婦でお互いが寄りかかっていると

『あの時の事を言われると強く言えない』
『毎日の事だから、自分も悪い所がある』

という意識が出ます
そうなってきますと、どこかで悪い事とは割っていても自分の非と比べてしまって

‘等価交換‘

してしまうのです
そこに大きな問題があるのです
夫は夫で

『悪いのは俺だけど妻に頭を下げたくない、俺は俺で頑張っている事がたくさんある』
『あいつだって俺が苦しい時に助けてくれなかった』
『俺にばっかり寄りかかってきて、俺は一人で頑張ってきた』

と、自分の事を棚に上げる事をするのです
しかし、妻である相談者もそこに愛だの気持ちという表現の

‘毅然とできないバリケード‘

ができてしまいます
それこそが一番の敵になっているのです
夫は夫で、

‘妻に真摯に謝れない敵‘

がいるのです

その両者それぞれに存在する敵を持ったまま、夫婦を続けていてはブス女の思う壺に
なってしまいます
そこに気付いていかなければ、

`低レベルな夫婦‘

を続けてしまいます
レベルというのは経済的とか夫婦仲という事でなく、

‘人として当たり前の事‘

というレベルです
言い換えると子供が見ても当然すべき事です

悪い事をすれば謝らなければいけませんし、ダメなものはダメと言わなければいけない
そういう、当たり前のレベルが下がっているのです
それをしっかりと認識すれば、夫に反省させたいという事を考える事さえもバカらしい

夫のアホさに付き合っている自分ではいけないという思いが、夫に謝らせようなんて
いちいち思わない信念を作るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら