夫の不倫に他人に聞いても答えはない人生懸けて結婚した思いだけ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

世の中には数多くの夫婦が存在しますが、その夫婦の形はそれぞれです
ラブラブでいつまでも暮らす夫婦もいるかもしれませんし、10年以上別居して
いる夫婦もいます

また再婚同士の夫婦もいれば、一度別れてからまた復縁する夫婦もいます
その中で夫婦の基準はあってないようなものです
それは今までの夫婦を考えれば、想像がつく事でもあります

結婚した時には

『いつも笑顔の絶えない家庭を築きたい』
『なんでも二人で分かり合える夫婦になりたい』
『自分たちで話し合って、進んでいきたい』
『夫についていく、私はこの人を信じている』
『私の方が年上だから、夫を盛り立てていく』
『社内結婚だから、友人の助言ももらいながら進める』
『ネットでの出会いで知らない事も多いけど、何とかなる』
『義理両親と同居だから、夫の家族にならなくては』
『転勤族の夫だから、いろいろな所に住む覚悟で行かなくては』

というように、いろいろな条件や状況で自分たち夫婦を想像します

それは

‘夫婦はハンドメイド‘

という事を自覚しているからこそです

そういう意識で臨んでいた自分が、いつの間にか心の緩みや安定を求める事を
優先したい時間が長くなり、日々夫婦を作る意識よりも

`昨日と同じ今日、今日と同じ明日`

を続ける事だけを考えてしまいます
すると、何か異変が起こっても

『これは余震2くらいだから、あまり心配する事はない』

と本震の余震とは思わずに、たまたま起こった偶然の地震と思い込むのです

結婚した時の自分であれば

『何かおかしい、少し用心しなければ』

と思っていたはずですが、そういう危機感が希薄になっているのです

それはある意味仕方がない事です
人間誰しも、苦しい事や変化する事にはあまり手をつけたくないのです
しかし、それで済まない事も出てくるのです

夫の不倫で

『このままでいい、何とかなる』

と、タカを括る人はいません

少なくとも、夫に詰めたりチクチクと突く行動に出てもおかしくはないのです
しかし、その程度では緩んだ夫婦を戻す事は難しいのです
そうなると、結婚した時の自分なんて遠い昔の感覚です

『夫婦がよくわからなくなった、どうすればいいの』

と、夫婦を進める自分は全くいません
世の中に夫婦の進めたかを聞くだけの、

`受け身の自分`
‘答えを求める自分‘

しかいません

そこから結婚した時のように、

『夫婦の事は自分が決める』

という、覚悟を思い出すのです

それを思い出してもらうのがカウンセリングなのです
自分の人生懸けて結婚した思いを、夫の不倫という一番苦境に立った時にこそ
思い出して、持っている信念を発揮するのです

そこから再び、

『私の思うように夫婦を進める、結婚した時に誓った自分で行く』

という、自分に誓った自分に言い聞かせるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら