‘夫婦に何があっても頑張る‘の‘何があってもの‘中に不倫を足す思考

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にカウンセリングでお話しする中で、いろいろな事を行動
してもらうわけですが、そこにはかなりの思考の転換をしてもらう事が必要です
その思考の転換というのは、どういう事なのか

それは

‘夫と自分の関係性の見直し‘

に尽きるのです

相談者の頭の中では、

『夫とは元の仲のいい状態にしたい』
『夫婦を修復したい』
『夫には反省してもらって、戻ってきてほしい』

という思いが強くあります

それは、とにかく自分の

‘夫婦像‘

に固執しているのです
言い換えると、

『私たち夫婦はこういう関係、その関係に戻したい』

という、元の夫婦を勝手に作っているのです

しかし、夫婦というのは妻だけではなく夫も構成メンバーです
その夫がアホになっている状況です
そこに夫婦というのは、自分一人ではどうにもできないという事を知るのです

そもそも自分が幸せと思っていた時でも、夫は水面下で不倫をしていた可能性
も否定できないケースは多々あります
そう考えると、

‘戻りたい夫婦の状態‘

というのは、非常に眉唾物で捉えなければいけない

自分の記憶の中でピンポイントで楽しかった時の夫婦が、常にそういう状態で
あったかどうかは別なのです
そう考えていくと、夫婦という関係は形式と中身で成り立っているのです

形式というのは、戸籍で権利と義務が付与されている関係という事です
中身というのは日々の夫婦の生活そのものです
その中身は都合のいいものばかりではないのです

夫婦を続けるのは、離婚しなければいいだけなのです
それを言うと

『愛情もないのに夫婦を続けて意味があるのか』

という相談者もいます
では、不倫された時点で自分たち夫婦も続ける意味はないのです
しかし、そう言っている人に限って頑なに

『離婚はしない』

と宣言します
要は夫婦を続けるのには、自分の意思が大事という事をわかっていないのです
絶対必要条件に夫の愛情や自分の気持ちを出している事自体、夫婦の捉え方が
曖昧なのです

夫婦になる時に、

『何があってもこの人と一緒に頑張る』

という決意があったはずです

その何があってもの中に、夫の不倫が含まれていたなかっただけなのです
そういう思考の転換が、夫婦の関係を見直す事になるのです
夫婦をプラスイメージでだけ捉えていては、本当に苦しい時には失望感しかない
自分になります

『夫婦を続けようと思えば、自分が想像していない事もある』

という人生観を持って臨めば、何でもどんとこいという気概ができるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら