不倫夫ありきの自分がアイデンティティから倫理道徳を奪い取る

不倫夫ありきの人生をやめる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

私が多くの相談者とお会いしている中で、どうしても伝えなければいけないと
いう事がいくつかあります
その中で特に言いたい事というのは、

‘人生のスタンス‘

を作る事です

相談者にとって自分という人間を想像してもらうと、どうしても

‘夫の妻‘

という心理が多かれ少なかれあります
それは

‘夫の‘

という形容詞ありきの自分です

しかし、その形容詞はあくまでも結婚してからのモノでしかないわけです
それまでは

『両親と3人姉妹の真ん中で育った』
『○○県の田舎でのんびり育った』
『テニスに夢中の学生時代だった』
『歌が好きで合唱部で練習に明け暮れていた』
『会社ではとにかく営業を頑張ってきた』

という、自分の生まれ育ちや好きな事や打ち込んでいた事で自分を表している
わけです
そこから結婚を機に

『夫が働きやすいように、私も寄り添っていく』
『夫と一緒に何があっても進んでいく』
『夫とは運命の出会い、私は一生幸せ』

と、とにかく夫という存在にゆだねるような自分になっているのです

もちろん、それがダメな事ではありません
むしろそう思う事は自然です
しかし、それはあくまでも平時の際という注釈付きです

夫の不倫のように、天地がひっくり返るようなトラブルが起こった際に大事な
事は、

‘アイデンティティ‘

を強く取り戻す事が重要です

アイデンティティとは、簡単に言えば

‘自分が自分である事‘

という意味です

要は夫に左右されない自分はどういう自分なのか、という事です
不倫夫にありきの自分が、本来のアイデンティティから倫理や道徳を奪って
いるのです

それをカウンセリングの中でとにかく追及してもらうのです
相談者の思考は

『夫に言われるとそれに従わなければいけない』
『夫の機嫌を損ねると大変、ビクビクしてしまう』
『夫には気を遣う、私はいつも夫に気を遣っている』

と、夫ありきの自分のクセがついています

そのクセが不倫という自分が一番いやな事が起こっていても、その当事者を否定
するどころか、自分を下げる事で容認しているのです

『夫がいなければ私は何もできない』
『夫に見捨てられたら、私は生きていけない』
『夫を大事にしてこなかった私が悪い』

と、独身時代の自分が聞いたら失望する自分になっているのです

それを思い出してもらうと

『本当に夫にすがっている自分がよくわかります』
『私は一体何なんでしょうか、言われて気が付きました』
『独身の頃の私は、こんな自分ではなかったと思い出しました』

という言葉が出て来ます

‘夫の‘

という形容詞を外した自分が遥か彼方遠くにいるのです
それを自分の手元まで引き寄せて、

『私は私の意思で生きる、もう自分を見失ってはいけない』

と、

‘夫の‘

の自分だけの自分から脱却を誓うのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら