夫の不倫に怒りや憎しみを今出さなければ後悔先に立たずしかない

夫の不倫に怒りや憎しみは必須

夫婦カウンセラーの木村泰之です

私のブログを読んでいただくとわかりますが、夫の不倫にしっかり怒りや憎しみ
をを出さなければいけないという事をお話ししています
それを読んだ方は

『確かにそうだけど、それを出すと夫が逆ギレしないか心配』
『私もそう考えている、でもその出した後の夫婦はどうなるのか』
『正直それをやっていいのか不安、感情が乱れるのが怖い』

というような心境になる方も少なくありません

その気持ちはよくわかりますし、それを心配しない方がおかしいのです
しかし、私もそれをわかって敢えて言っているのです
なぜ夫の不倫に、怒りや憎しみを今出さなければいけないと言うのか

それは

`後悔先に立たず`

だからです

そもそも理不尽な目に遭っているのは相談者自身です
そういう状況にしたのは、夫とブス女です
そこには、本当に耐え難い苦しみや孤独を味わっている自分がいるのです

しかし、その苦しみに少し慣れてくると

『何とかこのまま夫が目を覚ましてくれないか』
『今回は許すから、早く戻ってきて欲しい』
『夫とはこのままできる事なら、仲良くやっていきたい』

というように、不倫を

`不問に付す`

という自分が出てきます

そこには

『私も至らない妻だった、夫がこうなったのも原因の一部は私にもある』
『夫苦しかったはず、私もわかってあげていなかった』

というように、不倫が双方の未熟さの産物かのような解釈になっているのです
そうなると、不倫という悪事はまるで

`不可抗力`

のような出来事にしかならないのです

それで済ましている夫婦が、まともな倫理観や道徳観で生きていけるはずない
わけです
不倫をなあなあにしている夫婦は

『また不倫が再発した、もうしないって言っていたのに』
『私は騙されていた、水面下で続いていた』

という状況になる可能性がかなり高いのです
なぜなら、夫は

『また見つかっても逃げ切れる』
『どうせ俺が強く出れば、あいつは何も言えない』

と、タカをくくられるからです

という事を説明すると

『そうですよね、私もそうなると思います』
『夫はまた私を騙しますよね、言われてみればそうです』

と、自分が一度ならず二度もコケにされる事を想像します

もちろん、それは絶対に避けたいですしあってはならない事です
しかし、不倫を真剣に詰めないでそれを実現させる事はかなり難しいのです
どの妻が考えても、夫の不倫ほど舐められている事象はない

その舐められている分、怒りや憎しみがなければチャラにならないのです
それを声を大にして言い続けると、相談者もどこかで目を覚ますのです

『怒りや憎しみを今出さなければいけない、後でいくら言っても誰も何も
してくれない』

という事に気付くのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら