不倫の相談者は事件が起きている現場に足を運べば自信が戻る

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とお話しすると
いつの頃から言葉に自信がついている発言が増えるケースが必ず出てきます
その発言は

『ブス女に対決に言ったら、私の事を震える目で見ていました』
『夫はもう私の行動が読めなくて怖いみたいです』
『子供がママ頑張ったねと褒めてくれました』

というような内容を話す時です
つまり、想像ではなく

`行動を起こした事`

について事実を話す時です

カウンセリングを受ける前は相談者の言葉は

『これからどうなってしまうのでしょうか』

『私はもう生きていく自信がないです』
『夫は何をしたいのでしょうか』

という、悪いイメージの想像ばかりを話します

その相談者に

『事件は現場で起きているのですよ』
『家の中の夫だけ見ていてもわかるわけないでしょう』
『ブス女を直接見ればこの執念がわかります』

というように、相談者に行動を促すのです

最初はおっかなびっくりの相談者も、何回も聞いているうちに

『じっとしていても何も変わらない、よし動こう』

という気持ちが出てきます

また、その気持ちを後押ししてくれているのが先輩相談者です
先輩相談者もかつては同じように不安な心持ちでいた自分を行動を起こす事で変えて
いる経験があります

『最後は自分が頑張らなければ誰やってくれない』
『何のために夫婦になったのかわからないのはいや』
『この状態がずっと続くなんてあり得ない、絶対に耐えられない』

という思いこそが自分を揺り動かしたのです

それもカウンセリングの中で自分を見つめ直す時間を数多く取った事がきっかけです
その先輩相談者からすると、新しい相談者の心境は手に取るようにわかるわけです
それもかつての自分が目の前にいるようなものだからです

新しい相談者はそういう先輩相談者に話を聞いてもらい、話を聞く事で

『私が一番不幸なんて思い込んでいた自分が恥ずかしい』
『他の相談者の話を聞いていたらもう自分ができない何て言っていられない』

という思いが出るのです
またそういう思いを出さなければカウンセリングを受けた意味がない事もわかって
くるのです
自分の人生に自分が意思決定者という当たり前の事を思い出してこそ、自信が蘇る
のです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら