カウンセリングは相談者にこびり付いている甘さ弱さ諦めとの戦い

カウンセリングは自分との戦い

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私がカウンセリングでお話しする
内容というのは、時には相談者にとっては苦しい事でもあります

『本当に弱い自分でいいのですか、ブス女に戦わないで逃げるのですか』
『こんなチンケな夫の偽りの愛情を欲しがる自分が恥ずかしくないですか』
『結局お子さんさえも差し置いて自分が可愛いという事に気付いていますか』
『自分がただ苦しい事を早く抜けたいというだけで、一番簡単な方法を探していませんか』

と、相談者の甘い気持ちや弱いところに甘んじているプライドの見えない姿をストレートに伝え
早く変わってもらう事を促します
こういう内容に凹む人もいれば

『そうだその通り、私は絶対に強くなるには止まってはいけない』
『お尻を叩いてもらっていなければまた元に戻ってしまう』
『叱られる事はしばらくなかったから、本当に身に染みる』

という感覚の方もいます

私としてもその相談者の性格や特性を見てお話しするわけですが、じっとしているだけの自分
をいつまでも続けている人を見ると、とにかく私が思っている事を話しします

それを相談者がどう取るのかは正直考えていません
なぜなら、必要な事を伝える側にパワーや迫力がなければ伝わらないのです
それを

『こんな事相談者に言ったらシュンとしてしまうかも』

と考えていれば、言葉や態度も中途半端になるのです
カウンセリングで大事なのは相談者とカウンセラーの信頼関係という事は言うまでもありません
その信頼関係というのは、相談者が前を向くために的確なアドバイスをする事に尽きます

相談者も本当に必要な事を言われていると思えば、少々きつい事でも

『私にとって足りない事だ』
『ここを外していては先はないし未来はない』
『そう、これを今まで逃げていたからこうなってしまっている、もう逃げないためにもいくら
言われても頑張ってやる』

という自分が出てきます
そして、頑張って自分が今までできなかった事をやり切ると

『苦しかった事なんて吹き飛んだ』
『きつい事を言われてもできたという事実が全て』
『こういう苦しみがなければできなかった』

と、自分を成長させる事を選んだ自分を知るのです
そういう相談者を数多く見ている中で、相談者に遠慮なく言わなければいけないという使命感
もあるのです相談者に笑顔が戻るには、厳しさや努力辛抱は不可欠です
カウンセリングは相談者の弱さとの戦いなのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら