夫の不倫は自分だけの自分と夫婦関係の中の自分を分ける転機

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の中でカウンセリング
をしている中では、相談者の迷いを振り払うという思いが強くあります
その中で私が一番思う事は何かと言えば

‘夫婦の簡素化‘

です

何を意味するのかと言えば、相談者にとっての夫婦が必要以上に影響度が大きい関係に
なっているという事です
簡単に言えば、夫婦が重過ぎるのです
もちろん一生を共にする決意で結婚している関係が夫婦ですから、影響が小さいはずは
ないわけです

しかし、相談者の状況を聞けば聞くほど夫婦という関係がいびつに大きくなっている
どれ位夫婦の関係を深めるのかその線引きは難しいのは確かですが、それもいつも同じ
距離を取らないという意識が必要です

仲がいい時もあれば、敵対する時もあります
もちろん、仲がいい状態を望むのは誰しも同じです
しかし、夫婦と言えど一人の男と女の人間関係です

他人であった夫と自分に、に夫婦という枠組みを後から付けているのです
その中では夫婦以外の人間関係と同様、常に良好とはいかないのです
そう考えれば、何でもかんでも

‘夫婦だから‘

という概念だけを全面に出すと苦しくなるのです
そもそも自分の人生で、勝手に夫婦を大きくしている事に気付く必要があるのです
それは何かにつけて夫婦が前提になっている人生を見直す事です

人生の前提はまず自分です
自分が何をするかが、人生の大きな部分を占めなければいけないのです
そこには、怖さや不安もあるかもしれません
しかし、人の人生で自分を前提にしなければ現実は進まないのです

夫婦で協力する事もあれば、一緒に喜んだり悲しむ事もあるわけです
そういう時の自分と、夫が不倫をしている時の自分が同じなわけがない
そういう意味で夫婦を変動させる関係にするのです

しかし、自分自身は夫になるべく影響されない自分を一つ持つのです
変わるのは夫婦という関係性の距離や考え方です
その、

‘自分だけの自分‘

‘夫婦の自分‘

を二つ持つイメージです

前者をなるべく揺るがないようにして、後者を調整する事を人生で覚えるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら