夫の不倫に納得する事をやらなければ何で結婚したのかに行き着く

‘納得する事‘が結婚した意味

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者とお話ししていますと、苦しい表情を浮かべながらも
言葉にするのは、その苦しみをどうにかしたいという事よりも

『夫と元の夫婦に戻りたい』
『早く修復したいです、どうすればいいのか』
『夫が不倫をやめてくれる事が一番の望みです』

という事です

こういう相談者の言葉に、一見すると誰もが

『そうですよね、ご主人にバカな事をやめてもらいたいですよね』
『本当に夫は何を考えているのか、もうすぐにでもやめるべき』
『夫婦がまた一刻でも早く仲良くなってほしい』

と、返したくなります

しかし、その言葉を100回もらっても相談者の現実が何も変わらないのです
要は相談者本人も周りも不倫については、どこかで

`評論家‘

になっているのです

どういう事かと言えば、相談者も周りも不倫をやめるべきという言葉での指導
になっているのです
それはそれで、

『夫がバカな事をしているんだから、自分が反省してやめるべき』

というのは当然の考えです

しかし、それでは夫の不倫は終わらない可能性が高い
なぜなら、不倫というものは自浄作用がほとんどない悪事です
夫とブス女の共犯である不倫は、自分の後ろめたさや倫理観を当事者同士で

『私たちが良ければいい、私たちの気持ちが一番』

と、打ち消す事しか考えていません

という事は、相談者である妻も周りも当事者のバカ二人もこの悪事にメスを
入れる人間は皆無という事になります
では、いつ誰がどうすれば不倫に毅然と戦うのか

それをカウンセリングで説明します

『不倫をやめるのを夫任せにするのは、家が火事になっているのを傍観して
いるようなモノです、消す気なんてさらさらない放火犯の夫に消して欲しい
といっているのと同じなのですよ』

という事をお話しします

すると、相談者も

『私が動かなければ誰もやってくれないですよね、でもやり方が分からない
ですし、一人でできるのか不安です』

という反応が来ます

それに対して

『そうです、妻が夫の悪事にメスを入れる一番の権利も義務もあるのですよ』
『自分がやると思えば半分はできているようなものです、あと半分のやり方
なんて私の方でいくらでも説明します』
『あなた一人ではなく、私も先輩相談者もいろいろと助けますから』

という事をお話しします

それを聞いた相談者も

『私一人では夫にすがったり懇願する事しかできなかったですが、そう言って
もらえれば頑張ります』

と気持ちが強くなる自分を知るのです
そこから、夫任せにしていた自分から

『私が納得する事をやる、それをやらなければ私は何のために結婚したのか
分からない』

という気概が生まれます

そこには修復とか夫が元に戻って欲しい、と言っていた自分はいないのです
それよりも、火事を消す事が先という使命感が最優先するのです
その時にはつい先日まで、自分が評論家だったという事に気が付くのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら