木村泰之のカウンセリングでは〔じっとしている〕か【動く】か二択を聞く

カウンセリングは二択

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私が相談者にお話し
する
中で、いろいろな伝え方をするわけです

 

その中で特に相談者が理解する言い方があります

 

カウンセリングのアドバイスはAかBかの選択

 

 

それは

 

`AかBのどちらを選ぶのか`

 

という伝え方です

 

例えば

 

  • 『アホな夫の言いなり人生を選ぶのか、それとも自分の納得する人生を選ぶのか』
  • 『じっとしていて状況が変わらない事を待つのか、自分ではこれをしなければ嫌だ
    という行動を取るのか』
  • 『このまま別居や離婚を言われて受け身の自分でいるのか、それとも自分が主体的
    進めるのか』

 

という選択肢を並べて伝えるのです

 

都合よく考えているのをやめてもらうための二択

 

 

それまでの相談者は、どちらも嫌だと考えて和洋折衷の方法はないかと思っている

 

要は傷つかなくて、効果の大きい方法はないかと考えているのです

 

そんなうまい話しはないわけです

 

そういう都合良く考えている自分をやめてもらうためには、二択しかない事を強く
言います

 

それを聞いた相談者も

 

  • 『納得しないのは絶対に嫌です』
  • 『自分が逃げていました、ここから変わらなければいけませんよね』

 

と、その二択も自分にとって意味のある方を選ぶのです

 

木村泰之には二択を提示する義務や役割がある

 

 

カウンセラー木村泰之としては、その二択を提示する義務というか役割があるのです

 

よくある

 

『自分がいいと思う事を自分で考えて進むべき』

 

と、結局具体性のないアドバイスにもならない事をアドバイスとしているカウンセラー
います

 

それでは現実も変わらないどころか、どんどんひどくなるのです

 

カウンセリングは具体性のあるアドバイスでなければ意味がない

 

 

相談者に理解してもらうためには、このような具体性のあるアドバイスでなければ
決意も何も出てこないのです

 

カウンセラーがすべきは、相談者の希望の持てるアドバイスです

 

そこには、相談者から

 

『私の気持ち一つですね、逃げていた自分をやめます』

 

という言葉が出てくるのです

 

それは相談者が傷つかなくて効果の大きい方法を探していた、非現実的な自分から脱却
する転機なのです

 

じっとしていても何も変わらない、それよりも自分のために何をするかを考えれば
必ず強くなれるのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら