漠然とした不倫脳夫のための人生から誰のために生きるかを問う

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(昨日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての
人生はどういうものか
もしそれを相談者に聞いたとしても、正直

『そんな事は考えた事はありません』
『改めて聞かれても、なんでしょうかよくわかりません』
『人生ですか、健康に生きる事でしょうか』

というように、よくわからないとか抽象的な回答が来ます
もちろん、それがいけないというわけではありません
自分の人生を

『よくわからないなんてどういう事?』

と、他人に言われる筋合いはないのです
ただ、人生をどう捉えるのかが曖昧よりも明確な方がいいのは誰でも思う事です
人生とは何か
それは言い換えると

‘誰のために生きているのか‘

という事です
なぜなら、自分の人生は誰かと関わっていなければあり得ないからです
誰に為に生きているのかと聞かれると、ひょっとしたら

『夫です、夫のために生きている人生です』

と答える相談者もいるかもしれません

仮に夫のためだと思っていても、夫は自分のために生きているとは到底思えない
状態です
相談者である妻だけが夫のために生きていて、その夫はアホなブス女にうつつを
抜かしているのです

こんなバカな話はないのです
そう考えると、自分は誰のために生きているのか
それは、心底自分の事を思ってくれている人のために生きていく事が大事です
そうなると自分の子供や、御両親やご兄弟が一番に思い浮かぶ人のはずです

それを何か惰性とか、思い込みで

『夫がいなければ私の人生はどうにもならない』

というような自分になっているのです
その自分をやめるためにも、

‘誰のため生きているのか‘

という事を改めて考えるのです
そこから自分の中で、人生を真剣に考える転機が来るのです
同じ時間でもそれを誰のために使うのか、優先順位をどうするのかというような
意識が強く出てくるのです

それを考え出すと、曖昧にしていた自分の人生が本当にもったいないという感覚
になるのです
そこから一分一秒たりとも無駄にはできないという自分が生まれるのです

夫の不倫は誰のための人生かを自分に問う宿題でもあるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら