【サレ妻の立ち直り方】不倫ブス女を見下す自信を取り戻すだけ

サレ妻からの立ち直り方

公開日 2014年11月19日 最終更新日 2022年5月22日

 

夫婦カウンセラー木村泰之です

 

日頃、夫の浮気にサレ妻から立ち直る方法は何かと悩んでいると方に接していますが、

 

その初動は夫の思考を読み解きたいという相談者が殆どです

 

  • ‘男の人ってどういう考えで浮気するのでしょうか‘
  • ‘夫はこれからどうしたいのでしょう‘

 

ほぼ毎日、誰かに聞かれる質問です

 

その質問をしたいというか、どうしてもしてしまう気持ちはよくわかります

 

女性は疑問が出ると、そのままにしておけないからです

 

占いだろうが、マニュアル本だろうが、何でもそのに疑問に関する答えを探します

 

とにかく、はっきりさせたい,はっきりしなければ嫌なのです

 

なぜなら、疑問のままのモヤモヤ感が精神衛生上非常に悪いと思い込んでいるからです

 

【サレ妻の立ち直り方】不倫ブス女を見下す自信を取り戻すだけ

 

 

しかし、私の相談者で強くなった方は

 

  • ‘夫が何を考えているかなんて気になりません‘
  • どこで何をしていても大体想像がつきます‘

 

と、変わっていきます

 

もちろん、そうなるまでは一生懸命自分の弱さと戦ってきたわけで、すぐに強くなった
わけではありません

 

しかし、この機会を逃せば私の人生はずっと夫に翻弄されたままと思うのです

 

自分の持っている実力を上げなければ苦しいだけです

 

そう考えると、旦那の浮気は大ピンチでもありますが大チャンスでもあるのです

 

むしろ、こんなに自己成長をする時はない、という考えを自分にすえれるかです

 

弱いまま夫に女に引きずられる人生を過ごすのか、自分の人生を自分で道を作っていく
のか、それも全て自分を信じて進む意思の強さにかっているのです

 

サレ妻という自分でいいはずがない

 

そもそも不倫で隠れるブス女は、本当に程度の低い女です

 

それは数多くの不倫に悩んでいる相談者のケースを見てきているからよくわかる

 

相談者も強くなると

 

  • 『こんなブス女に負けるわけはない』
  • 『絶対に許せない、叩き潰す』
  • 『私は何も悪くない、悪いのは夫とブス女』

 

という確固たる思いが出てきます

 

それはなぜかと言えば

 

`人としての比較`

 

を意識するからです

 

それまでは

 

  • 『私よりもいい女なんだろうな』
  • 『夫が好きになった人だから、私は引くしかない』
  • 『私はこの二人に入り込む余地はない』

 

と、まるで恋人の時のふられた女のような心持ちです

 

しかし、よく考えなければいけないのは自分は

 

`人生かけて結婚した妻`

 

という事です

 

それをすっかり忘れてしまい、ただただ夫が好きになった女の基準だけで考えている
のです

 

不倫はバカ二人のsexという本能的行動でしかない

 

 

そもそも不倫に、好きも嫌いもないのです

 

なぜなら、不倫はバカ二人のsexという本能的行動でしかない

 

簡単に言えば

 

`やりたい`

 

だけの低能な生き物です

 

そこに

 

『私は負けている、勝てない』

 

なんて考える事自体がおかしいのです

 

いや、考えてはいけない事です

 

ブス女に負けるサレ妻ではいけない

 

 

しかし、相談者は夫と自分の関係性だけで考えてしまっているので夫の言動が全ての
人生の基準になっている

 

  • 『俺が一度言ったら変わらない』
  • 『お前とは無理、もう諦めてくれ』
  • 『早く別れてくれ』

 

という言葉に、為すすべもなくすがってしまっているのです

 

その思考では、いつまで経っても

 

`ブス女に負けるサレ妻`

 

でしかないのです

 

夫とブス女は、不倫という犯罪を犯している人間

 

 

その夫の言う事を基準にして、その共犯者のブス女に負けている自分に喝を入れる

 

そうしなければ、仮に弱って離婚してもその後の人生に自信なんて出るわけがない

 

また、もし夫婦を続けるにしても人生最後まで夫の言いなりです

 

その自分は何のために生きているのか、というレベルになってしまうのです

 

声を大にして助けを求める被害者

 

 

そうならないためにも、自分は

 

`声を大にして助けを求める被害者`

 

という自覚がいるのです

 

それは、夫とブス女と2対1の数的不利からの脱却を意味します

 

世の中の人と接触すればするほど

 

  • 『このバカ二人を許してはいけない』
  • 『あなたは何も悪くない』
  • 『協力するから頑張って戦いましょう』

 

と言ってもらう自分を知るのです

 

そこから多くの人の知恵や工夫をもらいながら、このバカ二人の知能指数の低さを
知るのです

 

それは私の多くの相談者が経験しているプロセスです

 

  • 『自分は何もできないと思っていた事自体が恥ずかしい』
  • 『私はこの不倫を許してはいけない事に気づいた』
  • 『ブス女に負けるなんてあり得ない』

 

という事を強く自覚します

 

そこから夫婦をどう考えていくのかも、自分自身で決める決断力がつくのです

 

ブス女に仮に一度でも負けると思っていた自分を、今後の人生に一番の汚点にする
位の信念を持つのです

 

あなたは何でもいいんでしょう穴があれば

 

それと同時にこんなブス女と不倫している夫に

 

『あなたは何でもいいんでしょう、穴があれば』

 

という位に、見下げる自分が当然のように出てくるのです

 

かつて、このバカ二人を追いつかないけど追いかけていたような自分から、

 

『悪いけど人として比べる価値はない』

 

という自分になっているのです

 

その自分に到達すると、昔の自分には絶対に戻るなんてあり得ないとわかるのです

 

それと同時に、夫婦を自分が主導権を握る事で成り立っていくのです

 

夫婦を考えている中で、

 

『私が正妻で、夫は不倫をしているアホな男なんだから文句は言わせない』

 

という、対等ではないという自覚がいるのです

 

上から目線がサレ妻から立ち直る一番の原動力になる

 

 

夫とブス女の常識外れのアホさに勝つには、徹底的に正しい事をするだけです

 

真面目で実直な私の相談者にとって、それが一番得意な事であり一番慣れている事
でもあるのです

 

『私はいつもの私の生き方を貫くだけ』

 

という事に気付けば、このバカ二人のアホさにほとほと呆れてくるのです

 

そうなった時には、

 

『この二人に大人としてのけじめを付けてもらう』

 

という信念が強く出るのです

 

私の数多くの相談者が、そういう思いを持って夫の不倫に臨むと

 

『私は夫やブス女を、本当に大きく見ていた自分が恥ずかしい』

 

と、その妻のプライドを取り戻す言葉が出てきます

 

そこから自分の生き方は、夫やブス女とはワケが違うという序列が出てくるのです

 

それは、自分が元々持っているモノサシが

 

『バカ二人に困惑されていた時は自分を蔑んでいた、でも今は逆の立場』

 

と、正常な測り方に戻っている証拠なのです

関連記事

【サレ妻になるべくしてなっている5つの特徴】について解説します⑤

 

You Tubeでの解説もありますので、併せてご覧ください。

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA