夫の不倫の苦しみから抜ける人生の処世術は悩む事に飽きる事

(本日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者似よくお話しを
する言葉がいくつかありますが、その中でも特にわかってもらいたい事があります
それは何かと言えば

`悩む事に飽きろ`

という事です

とにかく相談者は自分のおかれた状況に苦しくて辛くて仕方ないわけです
それはよくわかりますし、それをどうにかしてあげなければいけないのが私の役目です
そのエンドレスに考えている悩みをどうすればいいのか

それは

`物事には終わりがくる`

という一心を持つのです
とにかく夫とブス女の不倫でさえ、そうそう死ぬまで続けるバカはいません
いつかはアホな事には終わりがきます

しかし、それを待っているのではこちらが辛いだけです

『何で私が悩まなければいけないの』
『こんな事で苦しむなんてあり得ない』
『私は何も悪い事はしていない』

という気持ちを増幅させなければいけないのです

そのためには、悩みを客観的に考えるという事です
そもそも、夫の不倫には相談者である妻が悩む事は多くはないのです
世の中から見れば

『こんなバカ二人は許せない、しっかりケジメをつけるべき』

という見立てです

もちろんそれは離婚を意味するわけではない
離婚は相談者である妻がするかしないかの決定権があるわけです
要は

`ダメなものはダメ`

という事を自分の生き方で持っているのです

そこに照らしあわせると

『私が悩んでいる場合じゃない』

とわかるのです
それを

『悩む事に飽きなければいけない』

という表現を使っているのです
最初は相談者もなんとなくしか意味がわからないわけですが、徐々に事実がわかって
くると

『そうですよね、なんか泣いていた自分がバカみたいです』

という事を言葉にするようになっていくのです

そこから自分が主体となって考える時間が飛躍的に増えるのです
それもこれも、人生に無駄に悩む事がいかに不毛な時間なのかを心の底からわかって
くるからなのです
飽きるという意識は人生に非常に重要な処世術なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら