木村泰之のカウンセリングは相談者の弱さを今後の人生に残さない使命感

人生に悔いを残さない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とセッションを
重ねていく中で、何に一番エネルギーを使うのかと言えば相談者が

`現実から逃げる弱さ`

に対して向ける言葉です

『ここで夫の逆ギレをビビっていて、長い人生を夫婦を続けるつもりなのか』
『自分が動かなくて誰があなたの夫婦を変えてくれるのか』
『子供さんがおかしくなるのは、父親の不倫に母親が弱腰だからです』

というように、相談者がとにかく現実をなるべく見たくないとか避けて生きたいと
いう姿勢が見える時に私のスイッチが入るのです
その時の相談者は

`おっかなびっくり`

の心理状態ですから

『夫に怒られたくない』
『女に負けている』
『子供に知られたくない』

という、自分を否定する先にあるネガな思考でしかありません

その思考の相談者を見れば

『人生何のために生きているのか』
『苦しい先にあるものをわからないまま、逃げてどうするのか』
『あなたのプライドはどこにあるのか』

という思いが私の中に強く出てくるのです

なぜなら、相談者が苦しいのは自分の弱さがすぐに顔を出すからです
それを矯正というか、払拭するためにカウンセリングを受けてもらっているのです
しかし、その中で逆戻りしているような発言や態度が出ると

『今の自分をこれからも続けるのですか』

という思いになって言葉が出てきます

それもこれも、

`夫婦の馴れ合い`

とか

`平和ボケ`

とか

`夫への依存`

が体に染みついているのです

それを拭い去るには、どうしても時間もかかるわけです
すぐに弱い自分が顔を覗かせるのです
自分に付いた

`悪い思考のわだち`

を直すには、その時その時に自分に言い聞かせるしかないのです
しかし、一人では弱い方にすぐに流れてしまう

そこで私も強く相談者に

『そっちに行ってはいけない』

という思いを込めて、事務所でも街中でもかかってくる電話の先で泣き言を言う
相談者に人目もはばからず強く喝を入れるのです
それを聞いた周りの人が、私が強くしゃべる姿に振り返る事もしばしばですが

『ここで言わなければ相談者が弱くなる』

と思えばなんて事ないのです

木村泰之のカウンセリングは相談者の弱さを今後の人生に残してはいけないという
使命感なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら