夫の不倫は夫そのものではなく影響を与える元のブス女への対処が先

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの相談者が
夫の不倫を勘違いして捉えているフシがあります
それはどういう勘違いなのかと言えば、どこかで

`モノが壊れた`

ような感覚です
例えば

『どうしようエアコンがきかない、修理を頼まなければ』
『ずっと使っていた時計が時間遅れてきた、修理しなくちゃ』

というように、今まで普通に使っていたものがおかしくなってしまうような感覚です
そうなれば当然自分ではできないので、修理してくれるところを探します
それで修理をしてもらうわけですが、それはモノだからできる事です

夫はモノではないので、その修理方法案てあるわけないのです
しかし、相談者からすると

‘夫が壊れた‘

というように、モノへの対処と変わらない思考になってしまいます
それはなぜかと言えば、

‘夫はちゃんとしている‘

という思い込みです
モノでも新しく買った時の性能が頭にありますので、経年劣化すると

『そろそろ修理のタイミングかな』

という思いになります

それはモノの性能や機能が低下しているという意識があるからです
しかし、不倫脳夫はそもそも持っているモノが低下しいてるからおかしくなっている
わけではない

夫は自分そのものがおかしくなっているというよりも、ブス女に翻弄されておかしく
なっているのです
そうは思っていない相談者は、どうしても

『夫を治さなければ』
『夫を元に戻さなければ』

と、モノを治すかの如く夫をどうにかする方法を探してしまうのです
実態はブス女に接触している事が大きく夫に影響しているのです
それは修理が必要というよりも、

‘インフルエンス(影響)の元を止める‘

という意識が必要です
つまり、夫そのものではなくブス女への対処が絶対に必要です
モノの修理はそのモノそのものに手を施すわけですから、その方法論がある
しかし、夫の不倫はブス女への対応が必要です

そこに大きなというか根本的な違いがあるのです
それを理解してもらう事がカウンセラーの第一歩です

『夫だけを見ていてはいけない』
『夫への対処だけを考えていてはいつまでもブス女に影響され続けるだけ』
『夫の行動はブス女からもらっている、夫は後でいくらでも対処できる』

という事を説明するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら