夫をまだ愛していると不倫に目をつぶる自分を恥じているか

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫が発覚すると、相談者の心の中には夫を愛しているとか気持ちがあると
いう理由で、とにかく怒りの前に

『こんな事するのはなぜ、私の何がいけなかったのか』
『私の何がいけななったのか』
『これまでの私がそうさせているのかも』

という、自問自答という思考です
その中では、夫が夫婦のルールという存在になっているのです

『お前と話をしても時間の無駄だ』
『俺はもうお前とは無理だから』
『これだけ言っても何でわからないんだ』

というように、不倫を棚に上げて自分に正義があるような態度を出します
それを見せられていると、妻である相談者も

‘悪いのは私かも‘

というように、加害者の側で物事を考えてしまうのです
その相談者には、どうしても自分ができる事を本能的にセーブするのです
その基準が

‘夫にいかに嫌われないか‘

になっているのです

もちろん夫婦に何も問題がない時であれば、それでも構わないのです
しかし、自分が妻として一番と言っていいほど嫌な不倫をしている夫に嫌われ
たくないという現実があります

それは自分を曲げてでも、夫に気持ちを向けようとしているのです
その気持ちを相談者は

『まだ夫を愛しています』
『気持ちがあるから修復したい』

とその気持ちを表現します
しかし、それは愛とか気持ちではなく依存でしかありません
それを独身の時の自分がそう言うはずです

『もし恋人が浮気したら、もう会う事もない』
『彼氏が浮気したら、引っぱたいて終わり』

という自分がいたはずです
その独身の頃の自分に今の自分は何と言われるのか

『不倫夫にすがっているのが本当に私なの、うそでしょう』
『こんな男に謝っている、こんなの自分じゃない』

と思うはずです

要は時が経っている中で、自己矛盾を起こしているのです
その自分に気付いてもらうのがカウンセリングです
夫がおかしくなったと言う相談者に

『夫もそうですが、自分もかわってしまっているのですよ』
『夫婦になって自分の倫理観も薄らいでいませんか』
『夫と恋人で自分の対応が違っていいはずがないでしょう』

とお話しします
それを聞いた相談者も、夫に集中していた自分の意識を自分に向けるように変化が
起こるのです

『夫を追いかけている自分が惨めと気付きました、自分を変えなければいけませんね』
『夫にすがるのをやめなければ自分が嫌になってしまいます』

という言葉が出てきます
そもそも現実は不倫で劣化している夫を、勝手に高止まりしている状態にしているのは
自分自身です
そこから客観的な見方と夫の実態に連動して、

『夫のアホさを知らなければいけない』
『他人から見れば絶対にダメな男』

という思考に変えるのです

(まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら