不倫は許せない犯罪で夫婦は自分が進める関係という区別をつける

夫婦カウンセラーの木村泰之です

私のカウンセリングの中で、不倫脳夫に悩む相談者によくお話しする内容が
いくつかあります
その中で特にわかってもらわなければいけない事があります

それは、不倫は犯罪で夫婦は自分が進める関係という区別です
相談者はやもすると、不倫と夫婦を切っても切れない事にしているのです
不倫が終われば夫婦はどうにかなるという思考がどこかにあるのです

その思考が、夫の不倫を終わらせるにはどうすればいいかばかリを探させる
のです

『夫の不倫を早く終わらせたい、どうにかしかできないか』
『夫ともう一度一からやり直したい、方法を教えて』
『自分が何をすればいいのかを聞きたい、それだけを聞きたい』

というように、とにかく方法論や方程式を探している感覚です
もしくは料理をするのに一からではなく、手軽にできるレトルトパックとか
スーパーの総菜を探すのと似ているのです

そもそも自分たち夫婦の事を、他人に聞いている事自体がおかしいのです
もちろん不倫は犯罪ですから、そこには絶対にメスを入れる事が必須です
しかし、それと夫婦の関係性は別ものです

それを相談者はわかっていないのです

『不倫に自分が行動を起こすと、夫婦に亀裂が入るのでは』
『私が大人しくしていないと、夫婦がおかしくなる』
『不倫はイヤだけど、戻ってきてくれるなら目をつぶる』

という思考が強くあります

しかし、仮にそう思って不倫は水面下で続いて上っ面だけの夫婦で人生を
送ってどうするのか
もちろんそれは他人がとやかく言う事ではありませんが、自分の人生です
から、なおさら真剣に考えなければいけない

要は、不倫と自分の人生を分けて考えなければいけないのです
世の中からすると、不倫は絶対に許されない事です
それ相応に罰則もあるのです

しかし、夫婦の関係性は自分の裁量です

どこかで

`罪を憎んで人を憎まず`

的な思考がいるのです
そこに不倫と夫婦の関係性を勝手に紐づけてしまい、

『夫婦を元にする方法はないか』

と考えてしまっているのです
そこをしっかりと分けて考えるために、カウンセリングがあるのです

『不倫はダメな事、夫婦は自分が進める事ですよ』

という仕切りをしっかり持つ事によって、相談者が不倫をやめる方法を探したり
夫婦が壊れないかを心配する思考から抜けるのです
不倫をやめるかやめないかは、バカ二人の行動でしかない

不倫という罪を許さないのは被害者の行動です
不倫に自分ができる事は、罪を地の果てまで追いかける事です
その先に、このバカ二人が根負けした時に不倫の終焉があるのです

そこから、夫との夫婦を妻である自分のルールで考えて進めるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら