夫の不倫が自己保身夫と平和ボケの妻の実態を知る転機

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者は、どうしても夫の言動に対して自分の気持ちを押し殺して
いる現状があります
夫は夫で自分の後ろめたさをうそをついて必死に隠し、時には逆ギレで妻に対し、
距離を取る態度しか出しません

妻としては、不倫そのものよりもその夫の冷たい態度に心をやられるのです
不倫をやめてほしいという事もありますが、

‘冷たくしてほしくない‘

という願いの方が大きいのです

その気持ちが不倫への対処を弱めてしまうのは、紛れもない事実です

しかし、それをどうする事もできないまま夫の強い口調に押されてしまっています
わかっていても、

『夫にとって私はどういう存在なのか』
『私の事を嫌いになっていないか』
『このまま夫婦を辞めたいと思わないのか』

と、とにかく自分が夫の視界の外になる事を恐れてしまっています
まるで夫に服従している、信者のような様です

決して宗教団体でも何でもない夫婦ですが、こんなにも機嫌を伺う関係になって
いる事を、当事者である妻も相当なトラブルがなければ気が付かないのです
しかし、私から言わせるとそういうトラブルが無ければ夫婦の実態がわからない
ままなのです

相談者にとって夫の不倫は、

‘洗脳から解ける転機‘

でもあります

逆に夫は

‘自分の弱さを知る転機‘

なのです

つまり夫婦それぞれが、自分の実態を知らなければいけないのです
しかし、夫は不倫から抜けるのはある意味怖いのです
なぜなら、悪い事をしている自分をさらけ出したくない心理が働いている

黒いモノを白いモノにしてしまう、

‘世の中との逆行‘

として出てくるのです

夫がそんな事をするなんて、とてもじゃないけど考えられなかったわけです
しかし、現実はその夫が目の前にいるのです
もしこれが夫でなければ

『本当にクソな男、不倫しておいて自分の非を認めないなんて』

と映るはずです
しかし、下手にそれが夫であるがばかりに

『夫に嫌われたくない、嫌われたらどうすればいいかわからない』

という強迫観念にとらわれてしまうのです
その自己保身夫と平和ボケ妻の実態を知った時には、

『夫に嫌われたら、なんて考えている場合じゃない』

と、洗脳から脱却する意識が働き始めるのです

そこから、夫の自己保身に走る姿に

『本当に弱い男、こんな男に守ってもらおうなんて考えている自分は情けない』

と、それまでの夫婦の関係をやめる決意をするのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら