不倫の後ろめたさで妻の重箱の隅をつつくアホな夫に負けない

不倫の後ろめたさで妻をつつくアホな夫

夫婦カウンセラーの木村泰之です

多くの相談者が夫の不倫をきっかけに苦しい思いで日々過ごしているわけですが、
その中でモノの考え方や見方が変わってくるわけです
自分は特段人生に不安を感じていなかったのに、突然暗闇に突き落とされた感覚
になったり、自分が何か人より劣るような感覚になっています

それも夫の不倫が相談者である妻の心をかき乱しているからです
それまでまともで、普通に過ごしていた夫が急にアホになっているのを見れば

『どうしたらいいの』
『早く元に戻ってほしい』
『何でこんな事になるの』

というように、神頼みになるような思いです

そういう意味では、自分を責めてしまう流れになってしまうのも無理ありません
しかし、夫の不倫は妻が変質したわけではありません
もちろん夫婦をやっていれば、結婚した時の緊張感が薄れて前ほどいろいろな事
を丁寧にできていない事もあるはずです

『家事に手を抜くようになってしまった』
『育児に忙しくて、前ほど夫の事に時間をかけていなかった』
『なあなあになって、何でも夫に頼っていた』

という思いも出てくる

しかし、それは妻だけではなく夫も同じ事です

『家ではいつもゴロゴロして、何も手伝ってくれない』
『子供の事も殆ど手をかけてくれない』
『何でもそれでいいとしか言ってくれないから、私が決めている』

というように、決して妻にとってはいい夫とは限りません

しかし、どうしても夫には経済的活動があるという構図で

『俺が稼いできているから、お前が文句を言うな』

という理屈があります

多くの妻の方は夫よりは稼いでいませんから、何も言えないわけです
そうなると、妻の緩みやあぐらをかいている事だけがクローズアップを夫が責める
わけです

それもこれも、夫の中にある

‘不倫の後ろめたさ‘

が影響しているのです

夫自身の緩みやだらしない事は棚に上げて、そこから不倫に突っ込まれないように
する情けない姿をさらします
しかし、それを妻は毅然と対峙できていない所に問題があるのです

そこからしっかりと反省すべきところは反省し、正すべきところは正す自分になる
事を、カウンセリングでお話しするのです

『あなたが一方的に責められる状況ではいけない』
『不倫を突っ込まれたくないからつまらない事で責めますが、ひるんではいけない』
『お互いの反省すべき事とは別で、不倫はダメなものはダメですよね』

と、自己保身で妻の重箱をつつく夫に屈してはいけない事をお話しします

その中で

『そうですよね、私だけが夫に責められるのはおかしいですよね』
『不倫をやめてだけではダメですね、もっと強くならなければ』

と、自分がどうしても卑屈になっていた見方を捨ててらうのです

そこからしっかりと、不倫は何よりも最優先に対処しなければいけないという事を
行動に変えてもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら