夫の不倫に悩み続けるのではなく悩むのに飽きるという処世術

悩むのに飽きるという技

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとって、その苦悩は言いようもない事です
誰に言ってもその苦しみから逃れられないわけですが、その中で何が一番きつい事
なのかと言えば

 

  • ‘先が見えない‘
  • ‘終わりが見ない‘

 

という事です

逆に言えばこの苦しみに

『これを頑張れば状況が良くなる』

という事があれば、まだ救われるわけです

しかしその

‘これ‘

がわからないのです

 

物事への執着は飽きる事で終わりが来る

 

 

ではどうすればいいのか

何をすべきかがわかれば一番いいのですが、それは難しいなかですべきは

‘飽きる‘

という技を覚えてもらう事です

  • 『もう悩むのはバカらしくなってきた』
  • 『私が悪いわけでも何でもない、何でこんな事に悩まなければいけないの』
  • 『私が考えても時間の無駄、バカらしい』

 

と、自分の性格から悩まなければいけないという強迫観念から抜ける事です

そのためには、しっかりと不倫の実態を知る事が大事です

それをカウンセリングで、正確に知ってもらうのです

  • 『夫の言っている事ややっている事は、全くの自分勝手と自己保身ですよ』
  • 『あなたが悪いわけない、あなたは被害者でしかないのです』
  • 『ここからじっとしているだけでは、何も変わらないどころかどんどんひどくなる』

 

という事を伝えます

要は自分一人では、エンドレスで拡げる悩みにしかならないのです

 

クヨクヨしているのは時間とエネルギーの無駄

 

 

しかし、これをカウンセリングで世の中の事を知る中で考えると

『バカらしいという事しか思い浮かばない』

という心境になるのです

それもこれも

‘飽きる‘

という事を覚えるからです

相談者の頭の中にはこれっぽちもなかった発想を入れてあげるのです
とにかく

  • 『どうすればこの悩みを小さくできるのか』
  • 『夫はいつになれば不倫をやめてくれるのか』
  • 『私はいつまで苦しむのだろうか』

 

と、終わりなき苦悩を持ち続けるのも相談者自身です

しかし、それを頭の中から捨て去るのも相談者自身です

捨てると考えると難易度が高いわけですが、それを飽きるという感覚を持てば

『いつまでもクヨクヨしていいては、時間とエネルギーの無駄』

という自分にたどり着くのです

カウンセリングで新しい発想を手に入れる

 

それには、自分だけの発想からカウンセリングで

『こんな考え方があるのか』

という事をどんどん入れてあげるのです

すると、そこから水を得た魚のように

『私が私を窮屈にしていたんだ』

という事に気付いて、自分が知らなかった事ややっていない事に関心が出ます

そこから、しっかりと方向転換をしていくのです

相談者にとって、後から振りかえると

『人生には飽きるという事も大事な事なんだ』

という処世術を持ってもらうのです

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら