夫婦はこうあるべきよりも夫の不倫が起っている現実を直視する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

今の世の中は何かと形式が優先する事が多く、実を伴わない事でストレスが溜まる
のです
それは夫婦も同じで、どうしても形式にとらわれてしまっている感があります

『夫婦にはお互い愛情があってしかるべき』
『結婚したら自分よりも相手の事を思うべき』
『夫についていく、夫を立てていく事が私の役目』

というような、不文律が心のどこかにあるのです

しかし、昔の常識が通用しないのが今の世の中です
政治家を見ても企業を見ても、昔なら

『モラルがあったから、問題が起こっても何とか保てた』

という事が多々あります

また、警察や検事などが起こす事件も格段に増えているわけです
本来であれば世の中の秩序を守るべき側が、隠れて犯罪を起こしている
そういう状況をみると、

‘何を信じていいのかわからない‘

と考えてしまいます

夫婦も同じで、

‘夫婦はこうあるべき‘

というような事が、崩れているのです

しかし、考えてみれば世の中だろうが夫婦だろうが同じ人間です
要は時代の流れで、何かと緩んだり勝手な解釈で法やルールを抜ける事に対して
抵抗が少なくなっているのです

それは私がカウンセリングをしている中で、夫やブス女のあくどさが以前よりも
増している事を強く感じるのです
あくどさというよりも、

『さすがにこれはマズイだろう』
『これをやってはおしまい』
『こんな事をやっていてはいい人生は送れない』

というような、後ろめたさが少なくなっているのです

それも世の中の様々な事が、緩くなったり解釈が自分都合になっているのです
もちろん、その一方で企業のコンプライアンスとか個人情報の保護などの強化
は年々進んでいます

しかし、そういう

‘形式‘

が進めば進むほど、その隙間とか裏道を抜けるような犯罪も増えるわけです
表ではまともに見せていて、裏では全然真逆な事をしている
そういう事が、会社や政治のみならず夫婦でも進んでいてもおかしくないのです

人はどうしても公私の区別をつけて生きています
会社や仕事と家庭は別ものという感覚です
もちろん、その区別は必要な場面は数多くあります

しかし、分けてはいけない事もあるのです
仕事だろうが夫婦だろうが、

‘実態がどうなのか‘

という事が非常に大事です

形式だけ進んでいても、その中身が伴っていてなくては何も意味がない
それは公私関係なく、人生の中でチェックするべき事です
いや、夫婦や家族ならなおさら必要な事なのです

それをカウンセリングの中で、相談者にお話しするのです

『夫婦はこうあるべきよりも、今の現実を直視していかなければいけない』

と説明する事で、相談者が自分が目を背けている夫の不倫に立ち向かう勇気が
出てくるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら