不倫ブス女のアホさは探偵弁護士ではわからないから直接対決

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者とのセッションでは、私がお話しする内容を真剣に聞いて
いただくわけですが、その中ではとにかく実態を掴むという事がまずは優先する
わけです

中には私の所に来る前に、何百万円もかけて探偵に依頼した報告書を持っている
方もいます
そこから弁護士に慰謝料請求を依頼しようとする人もいます

しかし、その報告書に映る夫とブス女の姿は相談者にとってはどうしても単に

‘密会の証拠‘

です

それはそれで大事なものである事には間違いありません
なぜなら、不貞でシラを切られないための証拠ですし慰謝料請求をするための
根拠にもなり得るわけですし、夫の方から一方的に離婚できない有責配偶者と
いう位置づけにするモノでもあります

しかし、それはあくまでも司法的側面の意味です

私が言う実態を掴むというのは

‘いかに愚かな二人なのか‘

という事です
相談者がそこを知らなければ、本当の意味での実態を知った事にはならない
ではどうすればそれを知れるのか
それは

‘ブス女との直接対決‘

です

探偵の報告書は、あくまでもカメラを通じて知っているブス女でしかない
それではブス女のアホさがほんのわずかしかわからないのです
その状況では、ブス女を正確に捉えていないので

『もしかしてこの女に負けているかも』

と、本当に出さなければいけない怒りや憎しみや正義感や道徳観が被害妄想

隠れてしまうのです
そこに私が

『このブス女を直接見て聞いて感じなければ、絶対に後悔しますよ』
『あなたの中にあるモヤモヤを払拭するには、ブス女を見なければいけない』

という事をお話しします
最初は恐々としていた相談者も

『そうですよね、この女には直接言いたい事は山ほどあります』
『私がビビっていてはいけませんよね、向こうは私が怖いんですよね』

と、今まで勝手に女には会いたくないという思いが自分を弱めていた事に
気付くのです
もちろん、その対決に必要なノウハウや準備は私が事細かにアドバイスする

いつどこで何をするのかと、相談者がその対決を具体的にイメージできるまで
ロープレ的にお話しするのです
それを受けてもらい、いざブス女に対決すると

『本当に底辺の女でした』
『こんな女とよく寝れると、夫にドン引きです』
『想像を越えていました、会えと言われた意味が本当によくわかりました』

という言葉が出てきます

そこから本当の意味での実態を掴んだ事になるのです
取るに足らないブス女を避けていた自分が、

『これからの人生でも現実から逃げてはいけない事がよくわかった』

という思いになるのです
そして、夫にも押されていた自分が

『こんなクソみたいな女に入れ込んでいた夫を心の底から軽蔑する』

という境地に行き着く
それまでは

『うちの夫はこんな人ではない』

と、どこかで祭り上げていた自分がいかに現実を知らなかったのか
それもこれも、ブス女に対決する事で全ての呪縛が解けるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら