ブス女を叩く時はサスペンスドラマの22時45分のからくりがわかる場面

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者に対して夫は
なぜああも強気でアホな事を言えるのか

『お前が俺に勝てるわけないだろう』
『お前と俺では釣り合わない』
『何でお前と一緒にいなければいけないんだ』
『早くしてくれ、俺には時間がない』
『何を言っても無駄だ、もう俺はお前とは無理だから』

というような言葉に相談者である妻は弱ってしまいます

しかも、それらの言葉は今まで聞いた事がないものですからなおさらです

『何でこんな事を言うのかサッパリわからない』
『今までの夫じゃない、まるで別人』
『早く昔飲みあなたに戻って、お願いだから』

というような心境になるのも無理はありません

その原因がわからないうちは

`夫のご乱心`

というようなイメージで、腫れ物に触るような接し方になるのです
そこには、相談者が見えない大きな力が働いているのです
その力を送り込んでいるのは、他でもないブス女です

多くの相談者はそのブス女の存在が、頭の中では非常に希薄になっています
それもこれも、夫と自分の問題にすり替えられているからです
子供の世界で言えば、いじめにあっているようなものです

いじめっ子は

『あいつ生意気だからいじめようぜ』

と、親分が子分に命令します

それを子分は親分に褒めてもらえるように、一生懸命いじめるのです
それを受けているいじめられっ子は、ただじっとしているだけで何もできない
結局陰で操る方は、いじめっ子に好きなおもちゃを渡して自分が気にくわない子供を
いじめさせているのです

それをブス女が夫を操っているという配役にすれば、いじめられっ子は妻です
しかし、そのブス女は妻に勝手に嫉妬とコンプレックスを持っているのです
それを見抜く力をつけるのがカウンセリングです

そういう意味でも不倫はブス女を叩かなければ、何も始まらないのです
子分の夫に右往左往している場合ではないのです

『ブス女を叩いて夫のチキンぶりが初めてわかりました』
『結局夫はこの程度の女にのぼせ上がっていたのですね』

と、全てのからくりが解けたまるで2時間もののサスペンスドラマの22時45分の場面
を見ている自分になるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら