夫の不倫にアンタッチャブルと思い込む事をやらなければいけない

夫の不倫にアンタッチャブルはない

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者は、それを知った時からいろいろ体調不良が出て来ます
動悸や息切れに始まり、食欲減退や精神的に鬱のような状況になります
もちろんそれは夫の様子を見ているので、毎日続いてしまいます

中には体重が10キロほど落ちたり、心療内科に通院する事も珍しくありません
しかし、いくら時間が経過してもその状況を好転させる事はできません
では、何をすればこの苦しい状況から抜ける事ができるのか

それは

‘やっていない事をする‘

という事に尽きるのです

例えばどこか体が痛い時に、自分で改善する思った事をしても改善しない事が
あります
もしくは一時的に良くなっても、またすぐにぶり返す事もあります

『急に足が痛くなって湿布を張ったけど、全然痛みが引かない』
『発熱があったから解熱剤を飲んだけど、なかなか熱が引かない』

というように、考えうる事はやっても状況は好転しない事はままあるのです
その時に本当に改善するには、別の原因や方法を考えなければいけない
足が痛い個所ではなく、腰に原因があるかもしれません

また発熱が引かないのは、胃腸や喉への対処がいるかもしれません
そのように、起こっている事にだけ頭が囚われてしまって他の事には考えが
及ばなくなってしまいます

そういう時には、

『自分で考える事だけでは足りないはず、他の人の意見を聞こう』

という事が必要です

人間はどこかで、自分の知っている事で判断しようとします
もちろんある程度経験している事であれば、全く問題はありません
しかし、夫の不倫のよう未知の事象には自分の人生経験では足りないのです

それをカウンセリングの中でお話しします

『今やっている事はやめて、こっちをやってください』
『やってはいけないと思っていたこれをやってください、状況は好転します』
『そもそもすべき事とやってはいけない事が真逆になっています』

というように、相談者に説明します

苦しい状況の中で自分一人で思いつく事を繰り返しているうちは、そこから
脱却する事は難しいのです
多くのケースで

『これをやると夫婦がおかしくなる、絶対にできない』
『私がこれをやれば夫は怒ってしまう』
『こんな事をするともう離婚になってしまう』

と、できないと思い込んでいるというかアンタッチャブルにしている事を
やらなければいけないのです
なぜそれをやらなければいけないのか、なぜそれをやると状況が良くなる
のかという根拠や理由をカウンセリングでお話しするのです

それを聞けば相談者も

『私ができないと思っていた事を、やらなければいけないとわかりました』
『やらなければいけない事をやって、やってはいけない事をやっていました』

という言葉が出て来ます
そこから、自分の心身が良くなっていく実感が湧いてくるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら