夫の不倫に【自分を弱めるブスにする敗者にする】のは意味のない涙

涙が自分を弱める

公開日 2017年8月1日 最終更新日 2021年2月18日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の中には初期の
カウンセリングで、どうしても涙が溢れ出て止まらないという方は少なからずいます

その流れる涙は相談者自身もよくわからないまま出てきます

『考えれば考えるほど、何をしていいかわからなくて・・・』
『自分でも頭の中が整理がつかなくて・・・』
『夫の事を考えると苦しくて苦しくて・・・』

と言葉を詰まらせると同時に涙がこぼれてしまうのです
涙を流してその後相談者が吹っ切れればいいわけですが、その涙はスッキリする
ための涙ではありません

むしろ相談者をさらに弱くする涙です
その流れる涙を黙ってみているのはカウンセラーとして失格なのです

『いくら泣いても無駄ですよ、それでは現実は変わらない』
『あなたより弱いお子さんが泣くのはいいですが、親のあなたが泣いていていいはず
がないですよ』
『涙を流せば流すほど顔がブスになりますよ、わかりますか』
『あなたが泣けば泣くほどブス女が喜ぶのですよ』

と、流す涙が相談者にとって何もいい事がないと説明します
すると相談者の流れる涙が止まります

『私が泣いている場合じゃない』

と、自分が出すべきものは涙ではなく勇気という事を悟るのです
夫とブス女が水面下でやっている事でなぜ自分がなぜ泣かなければいけないのか
なぜ子供に自分の悩んでいる姿を見せなければいけないのか

涙を流して状況が変わるならいくらでも流すけど、何も変わらないどころか自分が
弱るだけという事実に気付いていもらうのです

相談者には

『あなたが流していいのは嬉し涙と感動の涙だけですよ』

と言います
こんなバカな二人に流す涙は一滴もない、自分が納得を重ねて行った先にちゃんと
流す涙があるのです

相談者にとって一番最初の辛抱、我慢、努力が涙を止める事です
そこから、一つ一つの行動に自分の意思が連鎖していくのです
涙を流しても何も気持ちと体は一致しない

夫の不倫では妻の感情と行動が一致しなければ、状況を打開できないのです
妻には夫とブス女のバカさを正す権利と義務があるのです
その権利と義務に、弱って流す涙は一刻も早く断ち切らなければいけない

それをカウンセリングで力説します
それを理解した相談者は、それほど時間がかからずに涙を流す自分をやめるのです

そこに、

『これしきの事で泣いていた自分を恥じる』

という信念がててくるのです
その信念は涙から、毅然とする表情に自分で自分を変えていくのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

 

木村泰之のカウンセリングの考え方


夫の浮気で相談する順番は①カウンセラー、②調査会社、③弁護士

 

弁護士を使わず本人訴訟でブス女と戦ったMさんを仲間20名が
傍聴席で見守りました

夫の浮気、旦那の不倫、夫の裏切りを疑っている方

のための10のチェック項目(ぜひ確認してみてく

ださい)

夫の浮気 旦那の浮気 離婚修復 夫婦の会話
ワンポイントアドバイス動画(2016年1月10日~)

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA