夫の不倫を主観ではなく客観的に考えれば腹も立てば行動も出る

夫の不倫に戦う

公開日 2017年12月26日 最終更新日 2021年2月17日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては何をしても
自分の事を客観的に捉えられない事に気が付かない状況が続きます
不倫している夫の事を見ていると、

『この人は何をしているの』
『こんな事する人とは思わなかった』
『絶対にあり得ない、何なのこれは』

という思いと同時に、

『私が至らなかっただろうか』
『夫の事を優しくしてあげていないからか』
『私がもっと夫を理解してあげていなければいけなかった』

という自責の念の二つが入り混じります
その思考がおかしいというけではありませんが、結局自分の主観で物事を見ているわけで
夫と自分の関係性ばかりを追求してしまうのです
その思考ではやはり大事な事を欠落させてしまうのです

その大事なものとは何か
それは

‘世の中の悪事をスルーしている‘

という事です
つまり、誰がどう見ても夫とブス女の不倫が厳然として行われているのですが、そこには
何もおとがめしていないどころか、無視しているような状態なのです
なぜなら、夫の不倫を夫婦の問題とだけ考えて社会の問題と見ていないのです

夫の不倫で迷惑や心配をしている人は数多くいるはずです
社内不倫であれば会社の同僚や上司、部下やに不快な思いをさせているのです
多くの場合は、社内不倫を周りが気付かないはずがないのです

なぜなら、ブス女は露骨に夫に態度を近づけるからです
そして、夫や妻の親類縁者や友人知人にも知れるところになれば、誰だって心を痛めるのは
当然です

それらの人の気持ちを考えると、社会の問題にしない方がおかしいのです
多くの相談者は内々に、事を荒立てないようにしたいという心理が働きますが、それでは
全然だめです
多くの人に、悪事の実態を知らしめなければこのバカ二人は、本当に迷惑何て考えないで
どんどん自分たちの世界で物事を進めるのです

会社の不祥事でも、町内の不審者でも何でもおかしい事は情報共有をするのは鉄則です
それを自分の夫がしているから言えないでは、社会の一員ではなくなってしまうのです
社会から逸脱しているのは音っとブス女だけで十分なのです

その理屈をしっかりとカウンセリングの中で説明していくと

『私は夫だからと言って許すわけにはいきません』
『多くの人に迷惑をかけている事に腹が立ちます』

と、自分の主観ではなく客観的に見ている自分ができてくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら