夫の不倫という犯罪を周りの影響を考えず自分だけで許す事が犯罪

(昨日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私がいつも感じる事は
夫の不倫は何が一番問題なのかという事です
第一発見者は多くの場合妻であり、その妻である相談者はパニックに陥るのです

そして、一番の被害者という位置づけです
司法はそれを認めて妻に

‘慰謝料請求権‘

を与えるわけです
ただし、それは司法の世界だけです
よく世の中で

`司法の限界‘

という言葉を聞いた事があると思います
犯罪者の罪が軽いとか、未成年者は罪を免れるとかの事例は数多く見たり聞いたり
しているわけです

例えば殺人犯が死刑ではなく何十年かでシャバに出てくる量刑であれば

『こんなの外に出すな、何で死刑にしないんだ』
『遺族の気持ちがわからないのか』
『裁判なんて意味がない、どうせ前の判例に合わせているだけだろう』

というような非難が来るのです

それは刑事事件であったり、思い内容だからテレビやネットで目にしているだけです
しかし相談者にとってはそんなテレビで流れる凶悪犯の事件よりも、自分の夫の不倫
の方が、何十倍も苦しいのです

それもこれも、自分にとって夫の不倫は世界で一番の凶悪犯罪だからです
それを考えると、殺人事件の遺族と同じで相談者の家族や親族が苦しんでいるのは
同じ構図です

私は常にそこに夫の不倫の問題点を指摘します
このバカ二人は

『別に刑務所に入れられるわけではない』
『俺が良ければいい』
『ただの遊び、何てことない』

というアホな感覚です
しかし、いざこれが会社や世の中に知れたら慌てて

『俺はそんな事はしていない』

と、シラを切るのです
それ位自己保身でしかない夫とブス女の軽い感覚の不倫に、どれだけ多くの人が
迷惑と不安を受けているのか
やもすると相談者は

『今回は目をつぶるから、戻ってきて』

と自分の判断でこの犯罪をもみ消そうとしているのです
しかし、周りの人への影響を考えればそんな自分だけで許す事自体が犯罪になる
ようなモノです

殺人事件であれば殺人者を庇う母親のようなものです
そんなバカな事でいいはずがないのです
ダメなものはダメを夫だろうか誰だろうが、突きつけるのが普通の人間の生き方
なのですから

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら