離婚を忌み嫌う自分を権利がなければお先真っ暗という自分に変える

(昨日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私のアドバイスの中でよく口に
する事がいくつかあります
その一つに

`離婚はしたい時にする`

というアドバイスがあります
相談者はやもすると

『夫に離婚されるのが怖いです』
『離婚だけは避けたいです』
『離婚するなんて考えていません』

という言葉が出て来ますが、その離婚を忌み嫌う心理がある意味矯正するポイントなのです

そもそも夫の不倫という事は有責配偶者の夫には離婚を進める権利はないのです
相談者の多くはネットや弁護士、調査会社などと接触しているうちにその言葉や理屈は知る
わけです

裏を返せば離婚する権利は自分にしかないのです
それをわざわざしたくないとか避けたいというのは、離婚とか有責配偶者とか不倫という
事象を正確に把握していないからです

そこに大きな問題があります
あたかも有責配偶者の夫から離婚されるというイメージになっている

そもそも夫と自分の夫婦は制度的には対等な立場です
100人聞けば100人

『夫婦は対等、上下関係ではない』

と言います

しかし、それはあくまでも理論上の話であって現実にはかなり妻が夫に精神的にも経済的
にも依存しているのです
言い方を変えると弱みを握られているのです

その立場というか構図だから離婚を忌み嫌うわけで、その弱さが解消した時には離婚という
手続きは本当に自分の大事な大事な権利に変わっているのです

『離婚する権利がなかったら私の人生お先真っ暗』

という位の自分になるのです
そもそも夫にデカい顔をされて、逆ギレにビビって離婚を恐れている自分をやめるのです
離婚が敵ではなく、自分の人生を大きく夢を実現させる時の大事な手続きにするのです

そこに気付けば自分ができる限り夫婦を続けた先に、離婚という人生の扉を開けるキーが
ある事に希望を持つのです
自分にとって離婚は味方であり武器であり、自分の可能性を拡げる大きな権利と位置付ける
のです

『離婚するのは楽しみにする位、それまで大事にとっておきます』

という私の相談者がそれを証明しているのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら