浮気された妻の離婚は結婚と同様誰かに言われてするものではない

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、何をするにしても
相談者は誰かのアドバイスを求めるわけです
もちろん、それは悪い事ではありません

むしろ自分でよくわからない時には、客観的になるためにもそうすべきです
しかし、それも程度問題という事を忘れてはいけない
例えば

『私は離婚した方がいいのだろうか』
『私はこのまま夫婦を続けた方がいいのだろうか』
『夫は私といると幸せになれないというなら、別れる方がいいのだろうか』

というような思考になった時に、周りの誰かに話を聞けば

『あなたが苦しいのであれば離婚すべき』
『正直私なら無理、絶対に別れる』
『こんな事をしていても苦しむだけ、早くした方がいい』

というように、現状からの脱却を促されます
その脱却というのはすなわち離婚を指しているのです
しかし、当の本人である相談者は決してそれを望んでいない

現に私の相談者の95%は離婚しません
それはなぜかと言えば、自分の中で離婚を権利として捉えるからです
自分のいい条件、いいタイミングでするものという考えです

そうなるのは、自分が強くなっているからです
強くなれば離婚は自分が決める事という信念が生まれます
信念が生まれると、いったん離婚するとそれまでですから離婚しない

いやむしろ離婚なんて考えなくても、自分が強くなって楽になる
そういう状態になるのです
決して誰かに言われてするものではないのです

それは結婚と同じで、

『親に反対されても結婚する』
『世の中が敵でも結婚する』
『誰に何と言われようが結婚する』

という強い気持ちがあったはずです
それは離婚も同じなのです
離婚だけ誰かに聞いてするなんておかしな話です

それをカウンセリングの中でお話しすると、

『離婚しなければいけないのかと思っていました』
『私が勝手に弱っていただけでした』
『こんな事を考えている事自体、慢心している証拠です』

という言葉が出てきます
離婚も大事な権利であり、自分の意思一つである事を忘れて誰かにそれを相談
しているのです
その自分の決断をも他人にゆだねるような状況に喝を入れるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら