バカ二人を別れさせる事に執着する思考を変えるのがカウンセリング

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とお話しして
いつも感じる事があります
それはカウンセリングの目的を誤ってもらってはいけないという事です

どういう事かと言えば、相談者の中にはカウンセリングの目的が

‘不倫をやめてもらう方法探し‘

になっているケースが殆どです

『どうしたら夫は不倫をやめてくれるでしょうか』
『どうにかして二人を別れさせたいのですがどうすればいいでしょうか』
『とにかく不倫をやめてもらってまた夫婦を修復したいのです』

という言葉が出てくる事からそれがわかります
もちろんその気持ちはわかります
何とかこのバカ二人を別れさせたいのは誰しもが思う事です

しかしここで大事な事はそれはあくまでも手段でしかないという事です
では何を目的とした手段なのか
それは

‘自分が夫婦の主導権を握る‘

という目的です
目的というのはあくまでも一つですが、その目的にたどり着く手段はいくらでもある
わけです
バカ二人を別れさせるという事は、その手段の一つでしかないのです

つまり、バカ二人が仮に別れなくても夫婦の主導権を握る事が出来れば究極どうでも
いいという思いにもなるのです
目的が達成できれば、手段はこだわらなくなるのです

その目的を不倫をやめさせると考えている相談者に

『カウンセリングの目的はあなたに強くなってもらって、夫婦の主導権を握ってもらう
事です、不倫をやめさせる事にこだわっているから弱いままです』

とお話しします
つまり、手段を目的にしている事に気付いてもらう事を言います
相談者も最初何となくしかわかっていませんが、実際アドバイスを聞いて行動を重ねて
いるうちに

『自分が強くなれば、二人が別れるかどうかは気にならなくなりました』
『夫の弱さとブス女のアホさを知って、気にするのもバカらしいと思ってきました』

という言葉が出てきます
その言葉には、当初自分が不倫をやめさせたいと考えていた自分はどこにいったのかと
いう位に心の変化を感じています

それもこれも、よくわからないまま不倫をどうにかしたい、つまり夫とブス女を対象に
していた心理から、自分を強くしたいという自分を対象にするという変貌を遂げている
からこそです

カウンセリングの目的は言い換えると

‘自分を掘る‘

事に尽きるのです
その目的の手段として、バカ二人には納得する行動を起こすという意識を持つのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら