夫の不倫であり得ない事を選ばない自分を作る宿題が出ている

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては夫の
言動に苦しむというか、どういう対応をすべきかという事で悩むわけです
それは何に悩んでいるのかもよくわからない心境です

『私は何をしているのかよくわからない』
『どこでこうなってしまったのかも全然わからない』
『私は何をしてきたのだろう』

というように、相談者はやもすると今までの人生さえ根底から覆してしまう様な思考
に囚われてしまいます
もちろん、そんな自分の人生を否定するような事はしてはいけない

ただ、人間の脳と言うのはどうしても自分で自分を騙すのです

『もっと楽をして生きていきたい』
『変に口ごたえをするよりも長いものに巻かれた方がいい』
『夫に守ってもらいながら生活していこう』

という様に、夫婦になった事で自分の中で孤独ではなくなった事と引き換えに自分の
力をセーブしたり、何か自分で判断するという事をやめているのです
それは楽を選ぶ事で

‘自分の生命力を奪う‘

という引き換えでもあるのです
その中では、

相談者には

『楽して生きてどうするのか考えるべきです』
『自分で考える事を止めて、人生をどう生きていくのですか』
『夫を万能と勘違いしていませんか、こんなにもアホな事をしているのですよ』
『自分の判断はどこにあるのですか、夫ではなく自分の考えを出すのですよ』

というお話しをします
そこに自分の人生を見直す転機があるのです

自分一人で生きていたとしたら、誰かに聞く事もなく判断している場面がいくら
でも発生していたはずです
それは、判断ができないどころかしなければいけないという状況です

その状況から夫婦でいると、孤独ではないを通り越して

`自分の考えを押し殺す`

というところまで行ってしまうのです

その状況で自分の思考は夫の内輪で生きている分、何もかも本当に困った時には

『どうしていいのかわからない、助けて』

となるのはごく自然の流れです

それを止めるためにも、カウンセリングで判断すべき場面で相談者自身の気持ち
を聞くとのです

『このままであなたは納得しますか』

という問いかけに

『絶対にイヤです、このままにはしたくありません』

という、

`あり得ない事を選ばない`

という決断を促すのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら