不倫は夫とブス女だけが犯罪者なのに容疑者を自分にする自分に喝

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては何が
正しくて何が間違っているのかという、いわば

`〇×の区別`

を常に考えてしまうのです

しかし、そもそも相談者が苦悩する大元の現象は何かと言えば夫の不倫です
その夫の不倫の当事者は夫とブス女でしかないわけです
それをすっかり忘れてというか、意識が飛んでどこかでまず犯人捜しをしているのです

自分が犯人捜しを始めると、真っ先に浮かぶ容疑者が自分自身になってしまう

『私がもっと優しくしていれば、夫は不倫なんてしなかった』
『私はなんてだめな奥さん、夫を理解してあげていなかった』
『私には夫の妻でいる資格なんてないかもしれない』

という、一番の容疑者にしているのです
それもこれも、犯人である夫が

『俺がこうなったのもお前のせいだ』
『お前には俺の気持ちなんて何もわかっていない』
『何で俺はお前と結婚したのだろう、失敗だった』

というようなふざけた言葉に、矛先を自分自身に向けてしまうのです
その、そもそも世の中から見ればアホで情けない夫に対して

‘申し訳ない自分‘

を作っていては、いくら○×を考えても根底が間違っているのですからなんでも×に
なるのです
相談者にはそういう意識というか見方が不思議と欠落しているのです

仮に有名人や芸能人の不倫報道が出た時に、

『奥さんがちゃんと面倒を見ていなかったんだ、ダメな奥さん』

なんて思うのか
そんなはずはありません

『多くのファンや支持者を裏切るバカな奴』
『本当に見損なった、こんな人じゃないと思ったのに』

という思いが出るはずです
それを自分の夫の不倫では、

『私が悪かった、ごめんなさい』

と180°真逆の事を言っていいる自分がいるのです
そんなバカな話はないのです
それをしっかりと理解してもらうのがカウンセリングです

そもそも夫の不倫に悪人は夫とブス女の二人以外にはありえない
容疑者どころか間違いなく犯罪者です
そこに自分を容疑者なんかにしている自分に喝を入れるのです

それをしっかりと区別がつけば、相談者驚くほど変貌を遂げます

『私が何で責められなければいけないの、このバカ二人を許さない』

という思いがしっかりと出てくるのです
そこから自分が○×ではなく、納得しているかどうかという判断基準に置きかえる
のです
私からすると、相談者の行動は何をしても間違いはないのです
ただ、納得しているかどうかだけに集中する事が必要なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら