安いブス女にいいようにされる夫が自分の評価者でいいはずがない

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、そもそも相談者には
しっかりとした今までの人生があります
それは相談者自身はよくわかっていません

『私はそれなりに生きてきたつもりですが、夫にいろいろ言われて自信がないです』
『夫にはダメだしされてきていて、私は何をしてもダメだなと思います』
『こんな私でもいいって言ってくれた夫にさえ、愛想を尽かされてしまっています』

というように、夫の一言で全てがネガになっている心理が働いています
しかし、それを言ってしまうと育ててくれたご両親やご兄弟や親せきの方は

『こんなアホな夫に嫁がせたわけではない』
『お前が何で自分を責めるんだ』
『あんな奴とは別れて戻ってこい』

と言われるのがオチです

それもこれも、

‘自分を卑下する‘

自分がとにかく邪魔をしているのです
そこにはとにかく自分の価値が夫で決まっているという

‘夫婦の罠‘

にはまっている自分がいるのです
そもそも夫は他人であって、ある時知り合って縁あって結婚しています
その関係において、夫は自分の評価者ではなくパートナーなのです
それをいつの間にか

『お前は優しくない』
『俺にはもうお前は必要ない』
『俺と一緒にいても嫌だろう』

という存在価値を下げる言葉を受けて

『私が悪かった、ごめんなさい』

という言葉を返してしまっています
なぜそうなるのかと言えば、

‘夫に比較するブス女が存在している‘

からです
それをわからないまま、ただただ自分の夫からの価値が下がったと思っている
のです
それが実際には夫の不倫相手のブス女がコンビニ的に、股を開いているので

『俺にはいつでもどうにでもなる女がいる』

とアホな思考になっているのです
それも結局はブス女に見透かされて

『ちょっとやらせればホイホイついてくる』

と、コントロールされるのです
結局は安い女に熱を上げて、妻を見下しているのです
それを許している相談者の実態があるのです
アホな二人に

『こんなレベルの低い人間に負けるはずがない』

という自分が必要なのです
そこから、しっかりと自分の評価者が決して夫ではない事を知るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら