不倫で〔夫がイカれている〕時に【妻がルールや罰則を作る】のが夫婦

不倫夫に罰則を作るのが妻の使命

公開日 2019年1月24日 最終更新日 2021年10月18日

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が何かにつけて
自分の事を卑下してしまうのは日本全国どこでも発生している現象です

 

その卑下する自分はどういう姿なのかさえもわからなくなっています

 

何で私がこんなに苦しまなければいけないの

 

 

もちろん、夫の不倫で

 

  • 『何で私がこんなに苦しまなければいけないの』
  • 『夫の不倫でしょ、私は何も悪くないのに』
  • 『こんな事をするなんてあり得ない、私はもう離婚した方がいいかも』

 

という思いもしっかりと出てくるのも事実です

 

しかし、日本人特有というか特徴である

 

‘謙譲の精神‘

 

が染みついているので、こういう自分を責めなくてもいい所で自分を下げるのです

 

もちろんこういう思いが謙譲でも何でもないわけです

 

ノーと言えない日本人に近い心理

 

 

謙虚ではなく、同じ国民性である

 

‘ノーと言えない日本人‘

 

に近いのです

 

要は誰かが強く言う事に押されて

 

『そ、そ、そうです、異議はありません』

 

と、おかしいと思っていてもそのまま賛同する日本的会社の会議と同じです

 

それはそれで日本人の肩を寄せ合って閉鎖的に生きてきた国民性ですから、致し方ない
所があります

 

夫婦は会社や外国との国際関係ではない

 

 

しかし、夫婦は会社や外国との国際関係ではありません

 

自分と夫が作っている2人だけの人間関係です

 

今までの人生で何かがおかしいし違和感があるとか、これでいいはずがないという事を
人生を共に歩むと決めた人間との間で作っていいはずがないのです

 

離婚につながる不倫に自分を卑下しているのは話にならない

 

 

もちろん夫婦とは言え、何から何まで隠し事はゼロというわけにはいかないでしょう

 

しかし、離婚につながるような危機をもたらしている不倫に何も言えないとか自分を
卑下しているのでは全然話にならないのです

 

そういう意味では、夫婦というのは自分と夫でルールを作る関係です

 

片方がイカレテいる時はもう片方がルールや罰則を作る

 

 

もっと言えば、片方がイカレテいる時はもう片方がルールや罰則を作る関係です

 

そうでなければ、誰もその状態に手を付けない事になるのです

 

夫婦の関係性はそれこそトラブルが起こった時に、どうするかで結婚した意味があるの
です

 

夫が役に立たない時でも私は絶対に負けない

 

 

しかも、夫婦二人で力を合わせて対処するトラブル回復ではなく一人でどうにか
する事
もあるのです

 

その時に

 

『夫が役に立たない時でも私は絶対に負けない』

 

という自分が夫婦をどう作るかの原点になるのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら