不倫という犯罪のケジメもなく犯罪者の夫と修復したいという勘違い

(本日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(GW期間中の4月28日~5月6日も通常通り電話、メール相談を受け付けておりますので

是非ご連絡ください)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が夫の不倫には
どういうスタンスで臨むべきなのか
多くの相談者は

‘夫婦の関係の修復‘

というような意識です
それは、相談者のみならず探偵や弁護士もです
その証拠にカウンセリングの時の相談者は

『とにかく夫婦を修復させたいです』
『私は夫と修復したいのです』
『夫に不倫をやめてもらって、修復する事が希望です』

ですし、相談者に接した際の探偵や弁護士も

『お客さん修復したいんだよね』
『離婚希望ですか修復希望ですか』

というように、二択を確認します
そこに大きな勘違いをしているのです
ブログでは何度でも言うように、夫の不倫は犯罪で

‘共同不法行為‘

という法律用語があるのです

犯罪だからこそ、妻に夫とブス女に慰謝料請求権が法律で担保されているのです
そうでなければ、妻がいくら騒いでもバカ二人に何もできないのです
その事を認識すれば、夫の不倫という犯罪へのケジメもつけずに修復なんて言う妄想を
しないのです

例えるならば、いじめっ子のいじめに屈していじめをやめさせるのではなく

『君はそんな悪い奴じゃない、仲良くしてよ』

と、懇願しているいじめられっ子と同じです
そう言われたいじめっ子がいじめをやめるかと言えば、ノーです
なぜなら、いじめっ子は

『そういう弱い奴はもっといじめてやる』

と、さらに図に乗るのは目に見えているからです
そのいじめも仲良くするという前に、子供版の犯罪のようなものです
いじめで自殺に発展するケースは世の中でしょっちゅう起こっているのです

そう考えると、相談者も夫という犯罪者に修復なんて言う事自体がおかしいのです
探偵や弁護士も然りです
事実を掴んだり法律の専門家が、修復などという実体のない事象をあるものとしている
のです

要は犯罪を先に対峙する事なくして、夫婦の関係をどうこうするなんてあり得ないのです
それを理解した私の相談者が

『私も最初修復なんて言いっていましたね、何もわかっていませんでした』

という、まやかしに踊らされていた自分を表現するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら