夫婦は合わせ鏡だからこそ平和ボケの自分が夫を不倫に走らせる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての
夫は、世の中から見るとどう映るのか
そもそも、夫と結婚しているのも自分の

‘合格点が出た‘

からです
そうでなければ結婚していません
ましてや、恋人の時に浮気していたのであればとっくの昔に分かれています
もしくは、彼氏が

『本当に俺がバカだった、もう一回付き合ってほしい』

と懇願してきて、

『絶対にもうしないと約束、それを守れなかったらもう二度はないから』

という、やり取りがあって結婚に結び付けているのです
それくらいの関係から夫婦は始まっているのです
その中で、全く想定していないのが夫の不倫というのは当然の事です

その夫は周りから見ても

『あいつはいい奴、きっと大事にしてくれる』
『いい男を選んだな、おめでとう』
『ちょうどいい相手だと思う、お幸せに』

と、評判は上々でもおかしくありません
そういう見立ての男でも、不倫が起こるのが現実です
それは、特定の男に起こるわけではなく世の中のいたるところで発生しています

その実態を知らないから

『私は見る目のない女』
『なんでこんな事になったのだろうか、私がいけないのか』
『この人を不倫に走らせたのは私かも』

と、夫は普通にいい人で自分がダメな妻というレッテルを貼っているのです
もちろんそんな事はあり得ません
とにかく、自分が選んだ時点では間違いないのです

しかし、人でもモノでも形あるものは崩れるのです
夫もアホにでもバカにでも変質する可能性は十分にあるのです
その変化を頭にない自分から

『人間は何かでおかしくなっても不思議ではない、自分も含めて』

という定義を持つのです
それは、夫が教えてくれているという見方もできるのです
よく夫婦は合わせ鏡と言いますが、まさしくおかしくなっている夫はその前に
妻も平和ボケがあるのです

それまで、緊張感を持って結婚している自分から途端に緩んでいる自分がいる
のです
その自分を夫が見て

『俺も緩んでも大丈夫』

と心音どこかに持っているのです
その夫婦の緩みの連鎖を断ち切るのは、自分の心の中にある

‘自分の生き方‘

でしかないのです
夫を選んだ自分の目のメンテナンスを怠って、視力が落ちているのです
夫をどうにかするではなく、自分の視界を明瞭にする事が全ての始まりなのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら