夫の不倫に止めどなく涙する自分を流す意味を考える自分に変える

涙の意味を考える

公開日 2019年7月2日 最終更新日 2021年2月11日

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とのセッションで
多くの涙を流す場面に遭遇します
それはカウンセリング初期の頃に多く見る光景です

『私がもっと夫を大事にしていればこんな事にはならなかったのかも』

という自虐というか自責の念に駆られるわけです

その無念さが涙として出てくるのです
しかし、その涙が止まるには自分を責めるという心理から抜けなければなりません
なぜなら

`自分を責める思いはいくらでもループする`

からです

言い方を換えると、自分一人では毎日毎日自分を責める事に飽きないのです

『お前がもう少し俺に優しくしていればこうはならなかった』
『お前は俺の事をわかっていないだろう』

と、罵る夫に負けていてはいけないのです

そこから自分が理由もなく自虐に入っている事に気付かなければいけないのです
そのためにもカウンセリングで、自分の生き方や日々の行動を客観的に捉える思考に
なってもらうのです

それを続けていると

『私が何も悪い事はしていない』
『夫とブス女に思い込まされていただけ』

という事に気付くのです

そうなると流す涙は激減どころか、一滴も流れないのです
あれほど止まらなかった涙は何だったのか、というほどに変わるのです

それと同時に

`涙の意味`

を考えるようになるのです

人生の中で、とにかく涙が流れるのは自分に無力感がある時です
逆に言えばその無力感がなくなれば、涙は止まるどころか流した弱い自分に絶対に
戻らないという自分がいるのです

そこから自分が涙を流す時には、

‘感動と嬉し涙‘

だけという強い自分がいるのです
人生には自分ではどうしようもならない事もあります
しかし、夫の不倫はどうしようもない事ではなく

‘自分にとって許せない事‘

なのです
決して涙を流す事ではないのです
そこに自分の信念が宿れば、涙を流す意味が全くないのです

むしろ、

『私を強くしてくれて感謝したいくらい』

というワクワクする思いにさえなるのです
涙を流すのは自分ではなく、夫とブス女の方という現実を作るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら