不倫夫をコントロールしたい自分から自分をコントロールする意識

夫婦カウンセラーの木村泰之です

私のカウンセリングの中で相談者に何を理解してもらうのか
それは幾つかあるわけですが、その中で特に伝えなければいけない事があります

`夫はコントロールできない`

という事です

それができない事は私が言うまでもない事ですが、相談者は突如起こった不倫に
対して

『夫には不倫を何とかやめてもらいたいです、どうすればいいでしょうか』

というように、夫を何とかコントロールしたい気持ちがありありです

しかし、そこにエネルギーを使っている事をやめなければいけない
もちろん、どうにかやめさせたいという気持ちはよくわかります
しかし、そう思う事とできる事とは全くの別ものです

思い起こせば夫と恋人になった時はどうだったのか
よくあるパターンは、夫の方が妻を好きになって付き合うようになるケース
ですが、それも

『え、私の事を好きだったの』
『全然関心なんてなかったのに、そうだったんだ』

と、夫の思いをコントロールして交際が始まっているわけではない

夫が勝手に好きになった事がきっかけです
また、夫は恋人の時でも結婚してからも妻の思うような行動ばかりはとらない
わけです

酒で失敗したりとかギャンブル好きとか、勝手に転職したり内緒で借金をしたり
等のケースも珍しくありません
それをどうにかしたいと思っても、何ともできずにまた繰り返す

そういうような生態を考えると、

‘夫をコントロールする‘

なんて、あり得ない事なのです

そう言うと落胆するかもしれませんが、逆に言えば夫も妻をコントロールする事
はできないのです

『俺の言う通り離婚しろ』
『お前とはもう無理だから別れてくれ』
『お前と俺はとっくの昔に終わっている』

と言われても、頑として応じない妻がいます

つまり、夫をコントロールできないだけではなく夫にコントロールされる事もない
という事に気付かなければいけないのです
夫婦という関係では、一方的にどちらかが強いなんてあり得ないのです

もしそうなっているとすれば、そういう意識を自分で捨てているからです
平和ボケや緩みや甘さが、そういう構図を作ってしまっているのです
そこから、夫婦の原理原則の

‘対等の関係‘

に戻すのです

そのためには、舐めている夫と舐められている自分の現状に抗うのです

『私は夫をコントロールするのではなく、自分自身をコントロールしなければ
いけない』
『夫ではなく自分が一番の敵、自分が勝手に弱っているだけ』

という思いに変えてもらうのです

それをカウンセリングの中で、しっかりと行動にしてもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら