探偵弁護士愛され妻カウンセラーに先に駆け込めば後悔するワケ

探偵愛され妻カウンセラーに後悔しない

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の存在を知る前に
他のカウンセラーや探偵や弁護士に接触している方はもちろん少なくないわけです

 

探偵弁護士愛され妻カウンセラーに行ってもしっくりこないワケ

 

 

しかし、それで私のところに来るといいう事はそれらのところに行っても

 

‘しっくり来ていない‘

 

という事の裏返しです

 

それはなぜかと言えば、納得する事を伝えてもらっていないからです

 

例えば他のカウンセラーから

 

  • 『もっと夫を大事にしなければ、気持ちは戻らないわよ』
  • 『不倫相手の事は考えちゃダメ、ご主人だけを愛して』

 

と言われて、その通りやってどうかと言えば

 

『何で私がこんな事をやらなければいけないの、アホらしい』

 

という気持ちが湧き出るはずです

 

探偵で300万円払っても大した証拠が撮れない人もいる

 

 

証拠を掴まなければと探偵に駆け込んで、足元を見られお任せコースで300万円
も払って大した証拠も撮れずに泣く人もいます

 

弁護士に駆け込んで慰謝料請求を女にすればビビって別れてくれるだろうと、
思っていて反応を待てば、夫が何食わぬ顔で用意した弁護士を通じ開き直る文面
やのらりくらりされ、水面下のバカ二人の結託を強める事につながっている事を
後でわかるのです

 

それは弁護士もわかっていますが、仕事がなくなるから言いません

 

『慰謝料請求をすると別れてもおかしくありません』

 

とだけ説明します

 

その結果、何も状況が変わらないどころかひどくなって駆け込んでくる方も
数多くいます

 

今自分の置かれている状況をシミレーションするところから

 

 

そうならないよう相談者にお話しするのは

 

『まずは自分の置かれている状況から何をするとどうなるのかシミレーション
しましょう』

 

という事です

 

上記のように、もうすでに自分が本意じゃない状況に進んだとしても

 

『私には高い授業料だったけどここから頑張る』

 

という気持ちがあればその後をよくできるのです

 

しかし、その不本意な方法を取ったまま落胆している人はいつまでもそのままです


人生はそういう理屈が至る所にあるのです

 

不本意な所に駆け込んだ自分を立て直すのがカウンセリング

 

 

夫がその典型的な例で、不倫を反省するどころか

 

  • 『どうせ俺はこんな人間』
  • 『こんな事誰でもやっている』
  • 『俺がよければいいだろう』

 

という開き直りというか、自暴自棄になっていて、この後の人生が良くなるわけが
ないのです

 

アホな事をしているのは、夫とブス女だけで十分なのです

 

相談者がすべきは依存していて対応がよくわからないまま、不本意な所に駆け込んで
しまった後の自分をしっかり立て直す事なのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら