不倫の証拠取りを探偵に任せると‘私その後どうするの‘が待っている

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫にある時気付いたにもかかわらず、何もできないまま気付けばかなりの時間を
ムダにしてしまうというケースは非常に多いわけです
その間は何かをしようと思っても、自分一人で考える時間が長いので結局は宙ぶらりん
の自分がいます

『私が下手に騒ぐと夫は逆ギレする、大人しくするしかない』

という気持ちと

『とにかくやめて欲しい、なんでこんな事をするのか』

という、制止をさせる自分が混在します

しかし、その中で中途半端になっている自分がいますからじっとしている事に我慢

できず、ネットサーフィンで探偵を雇って調べる事をまずやり始める人も少なく
ないのが現実です

しかし、その探偵を使って調べはじめても証拠が出てくるまでにはそれ相応の時間
がかかります
その間じっとしている事ができない相談者が、ネットサーフィンで木村泰之のブログ
を発見して

『そういえば、証拠が撮れてもどうすればいいの』
『私は何も考えないで探偵に依頼したけど、これからどうすればいいのか』

と、その時初めて疑問や不安が出てきます

もちろん探偵に聞いても、

『慰謝料請求をすべきですよ、弁護士紹介しますよ』
『こういう女はがっぽりお金を払わなきゃ、図々しい女ですから』

というように、証拠から弁護士という流れを促します

しかし、それでいいのかという事が頭をよぎります
そういう心境になって私の所に来る方も少なくありません
もちろん、不貞証拠を撮る事はある意味必須になってきます

しかし、それは今起こっている事をどうするかの中の一つにすぎません
しかも証拠の取る方法も自分でできる事も少なくありませんから、何から何まで
探偵に任せると、本当にお金も時間もかかってしまいます

それ以上にじっとしている精神的苦痛が、重く大きくのしかかってくるのです
それを先にどうにかしなければいけないのです

‘まずは不貞証拠を撮る‘

は決して間違いではないですが

‘まずは心身のケアの作戦を‘

を考えなければならないのです

それをカウンセリングの中でやりながら、証拠を撮る方法論やタイミングを考えて
いくのです

すると心身の衰弱もアドバイスを聞いてもらいフォローしていますから、冷静に
かつ強気に証拠を撮る作戦が立てられるのです

要は証拠を撮る事もその後ブス女を叩く事も、

‘納得する事の手段‘

なのです

そして自分自身でできる事を少しでも増やす方が、納得も強い気持ちも出てくる
のです
何もできない時間や探偵に任せてしまう自分では本当に苦しいですし、その後の
展開を考えないまま

『私この後どうするの?』

となるのです

それよりも、起こっている事をしっかりとカウンセリングの中で理解してもらい
すべき事ややらなければいけない事を頭に入れてもらうのです
そこが決まれば証拠を撮る事もその後にやる事も、イメージが明確になるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら