不倫をしている時点で体をなしていない夫婦を守る自分を捨てる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(本日上記動画更新をしました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、様々な事を考えて
いる相談者も、夫の事についてはとにかく受け身になっています
しかし心のどこかでは

『なんで私が不倫されて逆ギレされなければいけないの』

という感覚です

それもこれも、理不尽を体感しているからです
その相談者の思いは、今までの結婚生活を守りたいという防衛本能との葛藤
でもあります

相談者の心理の中では

‘二者択一‘

のような感覚です

『俺はもうお前とは無理、絶対に別れる』
『早く俺と別れてくれ、お前といても何も希望がない』
『俺には時間がない、お前も諦めろ』
『なんで俺はお前と結婚してしまったんだろうか』

という妻への責任転嫁や自分への意味不明な嘆きを繰り返すのです
その夫を見ると

『結婚生活を守るには、私が我慢するしかない』

という、半ば強迫観念的な思いを自分に課してしまうのです
しかし、そんなバカな事はないのです
なぜなら、不倫という悪事を放置していいはずがない

そもそも夫婦や結婚生活が壊れるという被害妄想がおかしい
夫が不倫するという事は、その時点で半ば夫婦の体をなしていないのです
それを思えば

『この緩んでいる夫婦を壊して作り直さなければいけない』

という感覚を持つ転機です
言い換えると、不倫を許さないという事が夫婦を作り直して守るという事に
他ならないのです
それを真逆で相いれない事と考えるからおかしくなるのです

『私が正しい事をすれば夫婦も立ち直る可能性がある』
『そもそも理不尽を強いられていてそのままにしておく自分はいない』

という事をカウンセリングで理解してもらうのです

私から見ても相談者が我慢辛抱をしていても、何もよくならない事は明白です
そこに必要なのは、自分の中にある過去の夫婦を守ろうとする意識を排除する
事に他ならないのです

相談者が夫に負けるというよりも、自分に負けてはいけない
そこから自分を肯定できる自分にしていくのです
それを続けた先に、夫婦を自分が作り直している実感が出るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら