安倍昭恵と不倫ブス女との共通項は呆れるまでの‘自分ルール‘

夫婦カウンセラーの木村泰之です

不倫脳夫の行動をコントロールしているのは、夫自身ではなくブス女という事を
カウンセリングの中で再三お話しします
それはある特定のケースも出何でもなく、日本と言わず世界共通の不倫の構図です

なぜそいういう構図なのか
それは安倍昭恵と共通する、ブス女の呆れるまでの

‘自分ルール‘
`独占欲`

に大きく関わってきます
不倫脳夫からすると、不倫相手が正直ブス女でなければいけないわけではありません
たまたまある時知り合って、いろいろと話しているうちに

『もしかしてできるかも』

位のよこしまな思いがもたげた相手がブス女だったという事が一番の理由です
要は

`性欲‘

が一番という事です

それはブス女じゃなければ満たせないわけではない事から明らかです
現に複数の女と同時並行で不倫している夫も珍しくありません
しかし、ブス女の方はどうかと言えば

『私は自分の夫とも関係は良くない中で、やっと相性のいい男と巡り合えた』
『別にこの人の奥さんは家庭も円満だからいいじゃない、私はこの人がいなければ
生きていけない』
『これは不倫ではない、ただ好きになっただけ』

という位、自分本位の思考で不倫にまっしぐらになっています
それは周りの迷惑かえりみずの生き方でしかないのです
こういうブス女を例えるならば、安倍昭恵です

これだけ国民が苦しんでいる中で、

『別に誰にも迷惑をかけていない』
『私が楽しければいい、それだけ』
『我慢なんて真っ平ごめん』

と、首相の妻という立場なんて何も考えていません

日本全体が自粛しているさ中も、花見をしたり大挙して九州旅行に行って

『私が何か悪い事したの?』

と、空気を読めない事などどこ吹く風の思考です
それを見て辛抱や我慢をしている良識ある国民は

『安倍さん、もっと妻をコントロールしろよ』

という声から

『もう完全にイカレている、バカに付ける薬はない』

状態に移行しているのです

日本全国に潜んでいるブス女も、名前が知れているかどうかの違いだけであって
基本的には安倍昭恵と何ら変わらないのです
そういう人間を絶対に放置してはいけない

安倍昭恵は週刊誌が捉えてくれますが、ブス女は妻が絶対に捉えなければいけない
それをカウンセリングの中で作戦を立てるのです
国会で妻の尻ふきをしている安倍首相を見て、

『これが一国の総理大臣の姿か』

と国民は情けない思いをしているのです

ブス女の夫も正直、不倫をやめさせる事ができるケースは少ないのです
それだからこそ、ブス女の一番怖い存在の妻が立ち上がらなければいけない
そういう意識で行動した数多くの相談者が、ある意味世直しをしているという位に
意義を感じるのです

(まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら