夫の不倫はブス女の不倫だから被害者は二つの家族にいる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫というのは妻にとって非常に辛い事ですが、見方を変えると苦しい
状況が少し違う感覚が出てきます
ではどういう見方をするのかと言えば、

‘夫の不倫はブス女の不倫‘

という事です

ブス女が独身であろうが既婚者であろうが、不倫は不倫です
もしブス女が既婚であれば、自分と自分の家族と同じようにブス女の家族の
夫も
子供も被害者という事です

夫の不倫という考えだけですと、やもすると

『私は世界で一番不幸な奥さん』
『こんなに惨めな妻はいない』
『私は孤独、誰もわかってくれない』

というような心境に陥ってしまいます
しかし、そこからブス女の不倫という捉え方をすると

『このブスの旦那も被害者、何も知らなければ本当にかわいそう』
『ブス女の家族は私たちと同じように、苦しい思いをしているはず』
『二つの家族を不幸のどん底にしている、絶対に許せない』

という気持ちが出てきます

夫の不倫という見方ですと、自分に孤独感が集中してしまいます
しかし、夫の不倫はブス女の不倫と考えると自分と同じように苦しむ人が
いるというイメージが湧いてくるのです

人間は自分の事だけ考えていると、どうしても過剰に孤独を感じたり視野が
狭くなってしまいます
そこから同じような境遇の人がいると思えば、自分をそういう状況に貶めて
いる原因や人間に、怒りや憎しみを伴って勇気が湧いてきます

要は自分でない人の事や世の中の事を考えると、人は強くなれるのです
そういう視野を広げてもらうために、カウンセリングでは

『夫の事だけ考えていてはいけない、ブス女も共犯者ですよ』
『夫がブス女の言いなりだからこんなに強気で出てくるのです』
『ブス女の夫もあなたと同じ立場ですよ』

というように、相談者が夫と自分しか登場してこない思考を変えるのです
そういう話を聞いているうちに相談者も

『そうですよね、私だけでなくてブス女の家族も苦しい思いをしているかも
しれないですよね』

と、そのバカ二人の共犯に多くの人が不安を感じている事に怒りが出てくる
のです
そういう世の中に起こっている犯罪の一つという感覚を持つ事で、相談者の
行動はがらりと変わってきます

それまでの夫に離婚を言われる悲劇のヒロイン的な自分が、バカ二人に

‘舐められている妻‘

という思いに変わるのです
夫の愛情をもらえないなんて感傷に浸っているのは、大きな勘違いであって
単に

『奥さんお気楽な人だよね』
『本当に妻としてもっとちゃんとしたら』

と、コケにされているのです
それをブス女の家族を想像したらわかるのです

『この女は自分の家族を裏切って不倫している、そのブス女にのぼせている
バカな夫』

という、本当にアホな二人をイメージする自分が出てくるのです
それもこれも、自分一人の悩みではないという事に気付くからなのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら