妻との差別化を夫に刷り込むブス女の嫉妬とコンプレックスを知れ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の突然の変貌ぶりに多くの相談者には、戸惑いや不安が付きまといますが
その中では、自分ができる事が何があるのかという思いです
それは今まで夫がウンと言っていた、もしくは何も拒む事がなかったという
状況から、

『俺はお前の事は前から嫌だった』
『結婚したのは失敗だった』
『お前にはもう何も愛情なんてない』

と、全否定する態度をとっているからです
それは妻である相談者からすると

‘元も子もない‘
‘それを言ってはおしまい‘

という心境になるのです

それではまるで、夫が夫婦の基準を決めている構図になっているのです
例えば妻からしても、夫への不満はいくらでもあるはずです

『何でいつも前後不覚になるまで飲むのかしら』
『ギャンブルばかりやって、借金を作ってどうするの』
『子供にはいつもいい顔して甘やかして、少しは威厳をだしてくれないと』
『義理両親に私が辛い事を言われても、全然守ってくれない』
『過去にも不倫未遂があった、あの時は子供も小さいから許した』

と言うように、夫に苦々しい思いがある妻も珍しくありません

そういう思いがある事を、夫は不倫というマヒした状態にすっかり自分だけ
被害者面をするのです
そういう

‘憎まれっ子世にはばかる‘

ような状態を作っているのは、他でもないブス女です

『あなたの事を奥さんは大事にしていない、ひどい奥さん』
『私ならもっとあなたの事を優しくするのに』
『あなたの事を一番思っているのは奥さんじゃない、私だから』

と、とにかく妻との差別化を夫に刷り込んでいるのです
そのブス女の言葉には、夫婦では自分が被害者にできる作用があるのです
それを夫は自分の後ろめたさを消すためにも、

『そうだ俺は悪くない、悪いのは嫁だ』
『俺は家族のために頑張ってきた、なのにあいつは俺をバカにしている』

と、とにかくブス女を後ろ盾にアホな事を正当化しているのです

その妻への尋常でない嫉妬とコンプレックスを持っているブス女の心理を、知る
由もないのです
しかし、それを知らなければ夫の暴言の出所がわからないのです

それをカウンセリンで相談者に説明するのです

『私にはわからなかった事ですが、ブス女はそんな事を思っているのですか』

と、半信半疑の表情が出て来ます

しかし、夫の変貌ぶりを見ればよほどの事が起こっている事は推察できるのです
その元がブス女の嫉妬とコンプレックスという、今まで想像していなかった事に
照準を当てると、相談者も納得が出てくるのです

そこから、自分がどうしても踏み込んでこなかったブス女への怒りが大きくなる
のです
夫への対処はそのブス女の後でいいのです

そういう手順と言うか思考の整理をつけてもらう事で、ブス女のコントロール下
にある夫の言動には、なるべく耳を貸さないようになるのです

『私のすべき事は、夫をアホにしているブス女に妻のプライドを見せる事』

と、そこにエネルギーとパワーを集中してもらうのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら