不倫を成就させる方法を木村泰之に聞いてくる位ブス女はイカレテいる

夫婦カウンセラーの木村泰之です

私のブログは夫の不倫に悩む相談者に向けて、強くなってもらうために日々書いて
いるのは皆さんご承知の事と思います
その中で、たまに何を勘違いしたのかブス女の方からの相談も来る事があります

その相談内容はブス女はブス女で悩んでかかってくるわけです
しかし、その悩みはやはりブス女なのです

『今付き合っている彼氏には奥さんと子供さんがいて、どうしても離婚してくれない
のですが、どうすればいいですか』
『相手の方は既婚で私には結婚するから待ってくれと言われていますが、なかなか
離婚にはならないのですが』
『相手の男性は離婚従っていますが、奥さんが頑なに拒否していてどうすればいい
でしょうか』

と言うように、決して不倫をやめたいけどやめたいなんて相談ではないのです

それも結構いい歳のブス女からかかってきます
それも木村泰之が夫婦のカウンセラーでなおかつ、

`不倫ブス女`
‘ブス女を叩け‘
‘ブス女のアホさを見抜け‘

といろいろとこき下ろす内容で書いているわけです
そこに

`不倫成就の方法`

を教えて欲しいと来るのです

そのブス女にとっては、自分は悪くなくて男の方がなかなか踏ん切りをつけないし
相手の奥さんも許してあげないなんて、ひどい奥さんという論調です
バカなブス女の言い分に

『あなたは大事なものをすっかり忘れている』

という事を言います

しかし、ブス女は

『え何でしょうか、それよりその相手の男の人を教育してもらいたいんですが』

と、とにかく不倫なんて思ってもいないバカな姿があるのです
そもそも私に聞いてくる事自体が、

`イカレテいる`

としか思えない事ですが、ブス女からすると

『この強気のカウンセラーなら、彼にもっとしっかりと離婚を具体的にする方法を
伝授してくれるのでは』

という、本当にズレまくりのオバハンになっているのです

もちろんそれだから

`不倫ブス女`

たるゆえんです

私が夫の不倫に悩む相談者にブス女の常軌を逸した生態を細かく説明しますが、最初
は今一つピンとこないのです
しかし、その状況を知ると

『ブス女がこんなにひどいとは思いませんでした』

という言葉が出てきます

それを更に、木村泰之に不倫を成就させたいという悩みで来るのがブス女の実態という
事を知ってもらう必要があるのです

『ブス女なら絶対に読まないブログなのに』
『このブログを読んで相談したのであれば、自分の不倫を悔い改めたいと思っている
ならわかる』

と言うのが普通の人の発想です
しかし、ブス女には

『私が何か悪い事をした?』
『こんなに待っているのに、何で別れてくれないの?』

と、ある意味チキンののらりくらりに業を煮やして自分の人生を棒に振っているバカな
人生を自分で同に変えようとする意思はないのです
要は、

『とにかく不倫は世間の言い方で、私はこの人を助けているだけ』

と、後から気付いても自分は間違ってないというような不倫脳なのです
そのブス女に正しい妻が負けてはいけない、それをカウンセリングで言い続けている
のです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら