不倫で襲われる‘喪失感‘はブス女の嫉妬が教え込む夫の小芝居が源

不倫夫の小芝居の演技指導がブス女

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者が、どうしても自分が何か動くと夫婦がおかしくなるのでは
という、被害妄想にとらわれてしまっています
その状況は毎日日本のどこかで起こっているはずです

相談者がそういう心理状態になるのは、よくわかります
なぜなら、相談者は本当に短期間で大きな

‘喪失感‘

が頭の中を占めているのです

その喪失感というものは、あったものが無くなるという感覚です
では何が無くなっているのか
それは、

‘夫の気持ち‘

に尽きるのです

物理的には何も無くなっているものはないのです
家にあるモノや周りにあるモノも、何一つなくなっていません
しかし、自分の心にポッカリと穴が空いているような感覚です

それは当たり前にあった夫の気持ちです
その気持ちが自分に向いていない事を、言葉や態度の端々から感じるのです
その喪失感が相談者の気持ちを、極限まで小さくしてしまっている

しかし、その実態は夫の気持ちが無くなっているのではなく

‘妻にバレてはまずい‘

という、距離の取り方をしているのです

そこに気付かないだけなのです
夫はとにかく

『お母さんに怒られる、イタズラがバレたらまずい』

という、小学生の心理と同じです
それをオッサンがやっているだけなのです
そういう構図を見抜いてもらうのがカウンセリングです

そもそも夫が妻に突然暴言を吐いたり、無視するなんてそうそうあるはずがない
そこにあるのは、

‘後ろめたさ‘

しかないのです

それを小学生とは違って、大の大人がやっているのですから始末が悪いのです
しかし、小学生ではなくても自分の夫です
対等な関係の夫のアホさを見ているのです

夫にはそういう幼児性や社会のルールを無視する一面があるという、厳しい認識
を持つ事が非常に重要です
夫への喪失感の源は、実は演技の自己保身という事なのです

それは数多くの相談者がカウンセリングで理解をして、

『私は夫とブス女に完全に舐められていたんですね』
『夫はブス女にいいように転がされて、私に強く言っているのですね』
『夫が言っている事はブス女の言葉なのですね』

と、そこに隠れていた不倫バカ二人の情けないまでの小芝居を見破るのです

そこに辿り着けば、それまで頭の中にこびりついていた喪失感なんて全くなくなる
のです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら