探偵や弁護士は夫婦ではなく慰謝料の証拠や請求の専門家

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が夫の不倫を知り、
どうすればいいか考えて探偵に依頼して弁護士に慰謝料請求を依頼するケースは少なく
ありません

しかし、その後に私の所に連絡が来る事も少なくありません
相談者は、探偵と弁護士といろいろ詳しく話をして調査や請求をしているにも拘わらず
なぜ木村泰之の所に相談に来るのか

それは、

‘理解が浅い慰謝料請求‘

だからです
そもそも慰謝料請求とは何か

‘精神的苦痛の代償‘

を求める権利の行使です
これは日本であればお金を請求するルールになっているのです
時代が時代なら、国が国なら死刑や勾留させる事ができたかもしれません
しかし、今の時代の日本ではお金を請求する事になっているのです

言い方を変えると、慰謝料請求ではお金しか求める事ができないのです
しかし、相談者は

『夫とブス女を別れさせたのですが、どうでしょうか』

と、探偵と弁護士に言うわけです
それを聞いた両者は、自分ができる事は慰謝料というお金の請求をするためしかできない
にも拘わらず、自分の仕事にしたいために

『慰謝料請求すれば別れるケースは少なくない』
『とにかく悪い事をしているから、請求しましょう』
『ビビッて不倫をやめてもおかしくない』

と、相談者が依頼の意欲を失わないように可能性を大きく言うケースはいくらでも聞いて
います
しかし、現実は夫とブス女も弁護士を立ててきて結局は弁護士同士の話しか進まないで
いつの間にか

‘いくら払うか払わせるか‘

という、金額の問題にすり替わるだけです
そして、ブス女は夫が探して着手金も払った弁護士を付ける事で

『私を守らせる事に成功した』

と、さらに結託を強めるのです

それを依頼した弁護士もわかっていますが、それを言えば仕事がなくなるので言いません
探偵も弁護士とくっついて仕事しているので、慰謝料請求の事しか言わないのです
そこに依頼してからわかるから、私の所に慌ててくるのです

私から言わせれば、探偵や弁護士に夫婦の事をどうにか言うのが間違っている
そして、別れるかどうかもわからないのに無責任に別れるケースを差も知っているかの
ように言う、探偵や弁護士も無責任です

夫婦の事がどうなるかを、慰謝料請求に預けていた相談者に

『自分の納得を追う事が大事です、そのために作戦を立てるのです』

と、目的をはき違えている事を言うのです
すると、弁護士を解任したり慰謝料請求後の行動アドバイスを再度練り直す方も珍しく
ないのです
そこから、自分の目的がはっきり分かった表情で前に進めるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら